工芸コース学生がクリスマスイルミネーションを制作

山形駅東口に冬の夜を彩るイルミネーションを展示

美術科工芸コースでは、山形駅前大通り商店街振興組合の協力を得て、山形駅前大通り中央分離帯の植え込みに設置するクリスマスイルミネーションを制作し、展示します。これは本学で毎年開催している「Lighting Object」展で実績のある美術科工芸コースの学生が2010年度から制作を続けているもので、今年は新たに同コース1年生8名がクリスマスイルミネーションを約2ヶ月かけて制作し、山形駅前大通り中央分離帯、およびタクシーロータリーに設置します。この活動は同コースの指導教員と学生が、工芸ならではの創造力や技術で地域に還元する機会を創出する試みとして取り組んでいます。学生が地域と関わる機会を得るとともに、大型の金属作品に取り組む事で金属表現の技を磨き、作家として実際に公共の場に展示・発表する、貴重な機会となっています。ぜひご覧ください。

 

■イルミネーション展示概要
期間:2014年11月28日(金)〜2015年1月中旬予定
設置場所:山形駅前大通り中央分離帯、タクシーロータリー

制作:術科工芸コース1年生8名により制作
指導教員:小林秀幹(芸術学部美術科工芸コース教員)

主催:山形駅前大通り商店街振興組合
協力:浜井電球工業株式会社、山形酸素株式会社
制作協力:東北芸術工科大学

○クリスマスイルミネーション完成披露会・点灯式
日時:2014年11月28日(金)17:00〜17:30
会場:山形駅東口 ペデストリアンデッキ

 

IMG_7916

カテゴリー