ヤマノカタチノモノガタリ[地域文化遺産の保存と伝承]

会期:2014年12月13日(土)〜23日(火・祝)、15日(月)休館
時間:9:00〜16:30、最終日15:00まで
会場:山形県郷土館 文翔館(山形市旅篭町3-4-51)
入場料:無料

こちらの大学広報紙g*gのWEBにて、展示の概要と、準備に関わった学生と研究員のコメントをご紹介しています。

この展覧会は、東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センターが開所してからこれまで、5年間の研究を通じて再発見した地域に現存する「地域文化遺産」を、生み出された背景と共に「地域文化の物語」として紹介します。研究で取り組んできた数多くの文化遺産の現物を展示するほか、トークイベントなども開催します。山形近代文化の象徴的な建物である文翔館の8つの展示室を使用し、山形の文化の魅力、ヤマガタのカタチをめぐるモノガタリを感じていただける展示です。なおこの展示は、文化財保存修復学科歴史遺産学科の学生も実施補助として参加しています。

主な出品内容(順不同):高橋源吉「天華岩」、西川町獅子ヶ口諏訪神社の獅子頭、岳斎「獅子頭奉納絵馬」、大聖寺の不動明王立像、林文作「不動明王三尊像」、新海竹太郎「大日如来坐像」、巨海院「船中安全絵馬」、大江町の御戸帳、寒河江市常林寺の仁王像、高畠まちあるきプロジェクト、ほか

主催:東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター
後援:西川町教育委員会、大江町教育委員会、高畠町教育委員会、山形市教育委員会、山形県教育委員会
協力:株式会社リバースプロジェクト、オオホリ建託株式会社
開催補助:文化財保存修復学科歴史遺産学科

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
TEL:023-627-2168
FAX:023-627-2155
E-mail:iccp@aga.tuad.ac.jp
URL:http://www.iccp.jp/

この展示は、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の一環として開催します。

トークイベント

日時:2014年12月13日(土)14:00〜16:00
会場:文翔館議場ホール(山形市旅篭町3-4-51)
出演:藤原徹(文化財保存修復研究センター副センター長、文化財保存修復学科教授)、北野博司(文化財保存修復研究センター、歴史遺産学科教授
※都合により伊勢谷友介(株式会社リバースプロジェクト代表)さんの参加はキャンセルとなりました。
入場料:無料
申込み:事前のお申込みが必要です。下記までご連絡をお願い致します。

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
TEL:023-627-2168
FAX:023-627-2155
E-mail:iccp@aga.tuad.ac.jp
URL:http://www.iccp.jp/

シンポジウム

日時:2014年12月20日(土)10:00〜17:30
会場:文翔館議場ホール(山形市旅篭町3-4-51)
入場料:無料
事前の申し込みは不要ですので、直接会場へお越しください。
詳しい内容はこちらのHPをご覧ください:http://www.iccp.jp/

イベントのフライヤーのPDF(2.2MB)をこちらからダウンロードできます。

14112101

カテゴリー