紅花ルネサンスvol.7 山形⇆地

「山形県の花」紅花の魅力を再発見する2日間!

美術科テキスタイルコースでは、山形県花でもある「紅花」をテーマに、シンポジウムとワークショップ「紅花ルネサンスvol.7山形⇆地」を12月19日と20日に本学で開催します。デザイン・ジャーナリスト、染色家、紅花生産者、映像作家を招き、伝統文化とその未来について討論するほか、本コースの学生が紅花と藍を畑で栽培し、染料にして染色するワークショップの活動報告を行います。また、染料博物館(畑)で種から栽培・収穫した紅花から作った紅餅を使った「寒中紅花染め」を行います。手が切れるような冷たい水が、はっとするほど鮮やかな色を生み出します。参加は無料で、一般の方もご参加頂けます。ぜひご参加ください。

 

会期:2014年12月19日(金)・20日(土)
会場:東北芸術工科大学こども芸術教育センター/本館正面
対象:全教職員、学生及び紅花研究家、染織家、紅花栽培農家、紅花に関心をお持ちの一般参加者
入場:無料

 

■12月19日(金)12:00〜16:00

講演「紅花の魅力 なぜ今、紅花染めなのか、なぜ手仕事なのか」

講師:山岸幸一(染織家・日本工芸会正会員)
会場:こども芸術教育研究センター内こども劇場
時間:12:15〜12:35

 

対談「日本の色 古代の染色を探る」

中島洋一(古典織物研究家)× 山崎和樹(草木染研究家・草木工房主宰)
会場:こども芸術教育研究センター内こども劇場
時間:12:40〜13:10

 

紅花プロジェクト今年度活動報告

パネリスト:斎藤善一(山形市高瀬地区・高瀬紅花生産組合)/美術科テキスタイルコース3・4年生
モデレーター:柳田哲雄(美術科テキスタイルコース講師)
会場:こども芸術教育研究センター内こども劇場
時間:13:15〜13:55

 

寒中紅花染ワークショップ

染め指導:テキスタイルコース学生
監修:山崎和樹(草木染研究家・草木工房主宰)
会場:本館前正面広場
時間:14:15〜16:00

 

 

■12月20日(土)12:00〜15:30

寒中紅花染お披露目会

場所:こども芸術教育研究センター内こども劇場
時間:12:00〜12:15

 

講演「粧いの色 紅花物語」

講師:吉岡幸雄(染織研究家・染司よしおか五代目)
場所:こども芸術教育研究センター内こども劇場
時間:12:55〜13:15

 

詩劇「花はくれない」

劇団I’M
演出:三木弘和(劇団I’M代表・東北福祉大学総合マネジメント学部教授)
戯曲:森山明子(デザインジャーナリスト・武蔵野美術大学教授)
モデレーター:辻けい(美術科テキスタイルコース教授・美術家)

 

BR7_omote

BR7_ura

 

カテゴリー