大学院映像領域の岩崎孝正さんが「フィクションの境目」に出品

本学大学院映像領域の岩崎孝正さんがせんだいメディアテークが主催する上映イベント「フィクションの境目」に作品『村に住む人びと』を出品します。この上映会では、「記録と想起・イメージの家を歩く」の関連企画として、わすれン!に参加した映画監督や映像作家による作品を上映します。ぜひご覧ください。

 
開催日程:2014年12月19日(金)、20日(土)、21日(日)
会場:せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
料金:各回500円(12月19日は1000円でトークイベントを含む、12月21日の『夏時間の庭』は無料上映)
上映会HP:http://www.smt.jp/projects/border/
□岩崎さんの作品『村に住む人びと』は12月20日(土)14:00〜 の回で上映されます。

 
■上映作品|村に住む人々
 
vlcsnap-2014-06-11-03h19m08s169

(岩崎孝正/2014年/日本_福島/48分/Blu-ray)

東京で震災に遭遇し、故郷の福島県相馬市磯部に戻った作者が、家族や安否確認で出会う友人に震災からのことについて問いかける。友人たちは避難所運営などに携わり、僧侶の父は法要を執り行い続けた。そして3年、地元の先輩後輩らにより立ち上げられた伝統の神楽が家々を奉納して回る。地域の営みを見つめた記録。

カテゴリー