「aGarey」から生まれた「雪結晶パスタ」が 「グッドデザイン賞」「フード・アクション・ニッポン アワード」をダブル受賞

東北芸術工科大学(山形市上桜田/学長 根岸吉太郎)と山形県内製造業との産学連携ブランド「aGarey(アガレイ)」から生まれた「雪結晶パスタ」(有限会社玉谷製麺所[西川町]、代表取締役 玉谷信義)が、「グッドデザイン賞」および「フード・アクション・ニッポン アワード」で、ダブル受賞しました。
この「雪結晶パスタ」は、豪雪地帯でもある月山の麓の製麺所であることから、手軽に食べれる雪を作ろうという発案で開発。山形ならではのこだわりの農産物を入れ、「発芽米」「赤米玄米」「そば粉」使用の3種類があります。
aGareyオフィシャルページ:http://www.agarey.jp/

●グッドデザイン賞2014
主催:公益財団法人日本デザイン振興会
受賞詳細:http://www.g-mark.org/award/describe/41740?token=P9n5awbBrw

●フード・アクション・ニッポン アワード2014 商品部門 入賞 応募プロジェクト名:「山形県産原料を使い、日本の麺製造技術を応用した、新たなマカロニの創造」
主催:フード・アクション・ニッポン アワード 2014実行委員会

フード・アクション・ニッポン アワードとは、国産農産物の消費拡大の取組として農林水産省が中心となって立ち上げた「フード・アクション・ニッポン」の一環として創設され、食糧自給率向上に寄与する事業者・団体などの取組を広く募集し、優れた取組を表彰することで、食糧自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べていける社会の実現を目指すものです。
フード・アクション・ニッポン:http://syokuryo.jp/fan/

「aGarey(アガレイ)」とは、山形の食べる、飲む、住まう、をテーマに生まれた異業種連携ブランドです。食の豊かさが全国的に広がりつつある山形には、他の分野でも多くの産業が存在しています。それらを一つのテーブルに乗せて”山形”で包み、ブランド化し、地域企業に継続的な成功をもたらす事を最終目的としています。山形ならではのお米やそば、お酒といった食のデザイン。食を中心にした、テーブル周りのライフスタイルに不可欠なプロダクト製品。山形を語り、食のおいしさ、モノの楽しさ、知識のつまった風習を、地元だけでなく世界に向けて紹介していきます。
aGareyオフィシャルページ:http://www.agarey.jp/

プロジェクトリーダー:島村卓実(本学客員研究員)、
コーディネーター:上原勲(本学プロダクトデザイン学科教授)

お問合せ:東北芸術工科大学共創デザイン室
TEL: 023-674-8650

14111301

カテゴリー