食×アートのピクニック「ふくしましま」2014

今年も山形で、食 × アートのピクニック『 ふくしましま 』を開催します!

秋の山形で、食×アートのピクニックイベント「ふくしましま」 を開催します。畑で里芋を掘って、みんなで山形名物・芋煮を つくりましょう。焚き火を囲んで、シナモンを効かせた焼きリ ンゴとコーヒーなんていかがでしょうか。お腹がいっぱいになっ たら、午後は親子で楽しむアートの時間です。東日本大震災の あと、ぐっと距離がちかくなった福島と山形。「ふくしましま」 で、子どもたちの目がキラキラ輝く特別な休日を、みんなでつ くりましょう。「美味しい!きれい!楽しい!」がぎっしり詰まった1日、ふくしましま。アートは心のたべものです。

秋空のもと、ワーク ショップイベントをおこないます。アーティストとして、画家・絵本作家のミロコマチコさんと山伏・イラストレーターの坂本大三郎さんが登場!その他にも、福しまシリーズで全面的なサポートをいただいている山形ガールズ農場さん、手づくりパンNOUKAさんの「食」のワークショップも行います。2日間、みんなで収穫した野菜を使ったピクニックランチやジャムづくりなど、美味しく楽しめる内容です。

※参加定員に達しております。ご了承願います。

 

■ARTIST

●ミロコマチコ(画家・絵本作家)
1981 年大阪府生まれ。展覧会を全国各地で精力的におこない、伸びやかな作風で、動物や植物を生き生きと描き、注目を集める。2012年、「オオカミがとぶひ」(イーストプレス)で、絵本デビュー。同作で第18回日本絵本大賞、「てつぞうはね」(プロンズ新社)で第45回講談社出版文化賞絵本賞、「ぼくのふとんはうみでできている」(あかね書房)で第63回小学館児童出版文化賞を受賞。
http://www.mirocomachiko.com/

●坂本大三郎(山伏・イラストレーター)
1975年千葉県生まれ。 30歳のときに山伏文化と出会い、以来、 東北の山を拠点に「ものつくり」や農村文化伝承の家・そば匠「芸」をテーマに古くから伝わる生 活の知恵や芸術・芸能の研究実践をおこなっている。著作に『山伏と僕』(リトルモア)『山伏ノート』(技術評論社)がある。2012年より山形県大蔵村肘折温泉と西川町志津温泉にそれぞれ居を構える。山形ビエンナーレ2014出品アーティスト。

 

■FOOD

●山形ガールズ農場
山形ガールズ農場は「女性のための女性による農業」を目指し、村山市で野菜と果物を栽培しています。ふくしましまでは、旬の里芋をつかった山形名物「芋煮」をたっぷり。畑での収穫から調理までエスコートしてくれます。

●手づくりパンNOUKA
村山市碁点にある自家製酵母の手づくりパン屋NOUKAさんが、出張カフェをオープン。飲む人が自分で焙煎やドリップに挑戦できるコーヒーワークショップ や、地元の果物を使ったジャムづくりをおこないます。

●農村文化伝承の家・そばの匠
最上川の流れに沿って、美味しいそば処が点在するそば街道・村山。ふくしましまの会場となる農村文化保存伝承館は、本格的なそば打ちを体験できるそば道場なのです。家族でコネコネつるりを楽しみましょう!

※すべてのプログラムは材料の数や参加できる人数に限りがあるため、参加希望者が多数になった場合はご参加いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。

 

■参加方法
【対象】東日本大震災後に山形県内に転入されたご家族/福島県内にお住いのご家族
【定員】1日100名|お申込み順
【教材費】大人1名につき500円(レクリエーション保険料も含みます)/高校生以下無料
【持ち物】彫刻刀や切り出しナイフなど木を彫る道具(お持ちであれば)、マイカップ、マイ箸、家族全員が座れるサイズのレジャーシート、水筒、お手拭きタオル、雨具。
【ドレスコード】縞(しま)のボーダー柄の服や帽子でお越しください。
※お子さまのいるご家族向けのイベントのため、大人の方だけの参加はできませんので、予めご了承ください。
※「ふくしましま」会場の村山市農村文化保存伝承館は蕎麦打ち体験施設です。蕎麦アレルギーをお持ちの方は、誠に申し訳ございませんが、参加をお控えいただきますようお願いいたします。
※雨天の場合でも実施いたします。

 

■無料バス
期間中、JR福島駅西口から無料バスを運行いたします。
【運行日】2014年11月2日[日](往復)
【定員】1日45名(お申込順)
【往路】8:00 福島駅西口発→(東北道「古関PAでトイレ休憩」)→10:00 村山市農村文化保存伝承館着
【復路】16:00 村山市農村文化保存伝承館発→(東北道「古関PA」でトイレ休憩)→18:00 福島駅西口着
※往復バスをご希望の方は、お申込み時に予約をお願いいたします。

 

■交通
山形県村山市 農村文化保存伝承館
〒995-0041 村山市大字河島元杉島1315-1
TEL:0237-53-3277(平日9:00~17:00/水曜休館日)
※交通・施設に関するお問合せのみ
※会場には無料駐車場約120台がございます

 

■お申込み方法
お申込みはメールにてお願いいたします。メールの件名を「ふくしましま申込」とし、本文に下記の必要事項をご記入のうえ2013年10月15日[火]までお申込みください。定員になり次第、締め切らせていただきます。ご了承ください。
①【参加日】両日参加・11月2日[土]のみ参加・11月3日[日]のみ参加(いずれかを明記してください)
②【参加人数・続柄・年齢】(記入例→4名、本人30代、夫30代、長男8歳、長女5歳)
③【代表者氏名】(フリガナ含)
④【現在お住いのご住所】
⑤【ご連絡先】メールアドレス・携帯電話
⑥【交通手段】自家用車・無料送迎バス利用(いずれかを明記してください。)
⑦【無料往復バス乗車日】11月2日往復/11月3日往復 (無料往復バスご利用希望の方のみご記入ください。)
※乗車定員に限りがありますので、定員になり次第、締め切らせていただきます。

定員になりました。

■お申込・お問合せ先

東北芸術工科大学 東北復興支援機構
E-mail y-gakusha@aga.tuad.ac.jp
TEL 023-627-2218(平日9:00~17:00)

〔主催〕 東北芸術工科大学 ※京都造形芸術大学との復興支連携事業<こども芸術の家>プログラム
〔協力〕 ミロコマチコ、坂本大三郎、福興会議、村山市農村文化保存伝承館、LIFEKU、山形ガールズ農場、渡辺智史
〔助成〕 株式会社三越伊勢丹、公益財団法人日本文化藝術財団
〔企画プロデュース〕 宮本武典

 

■ふくしましまのチラシが完成しました!以下のリンクよりデータとして閲覧できます。ぜひご覧ください。

ふくしましまフライヤー

 

ふくしましま2014_omote

 

カテゴリー