境界少女展|院生 森谷芽衣さんが個展を開催

大学院修士課程芸術文化専攻日本画領域1年の森谷芽衣さんが、東京のCAPSULEで個展「境界少女展」を開催します。ぜひご覧ください。

 

「境界少女展」概要

会期:2014年10月11日(土)〜10月26日(日)
休廊日:水曜日
時間:12:00〜19:00
会場:CAPSULE
住所:東京都世田谷区池尻2−7−12−B1
TEL:03-6413-8055
会場HP:http://www.capsule-gallery.jp

作家コメント

私は世の中には沢山の内と外があると考えている。本来、内という存在はとても柔らかく神聖で己しか触ることしかできないものである。そして私にとってそんな神聖な領域である「内」の核は女性らしさへの憧れだ。私は幼少期から女の子であるということに気恥ずかしさを持っており、23歳になる今にいたるまで世間一般の女性らしい行動というものに抵抗がある。しかし、そうでありながら女性への強い憧れと幻想を抱いているのだ。そんな過去に後悔をのこした私がイメージする女の子というアイコン。憧れの象徴であり、現在の自分と過去の自分という境界をつなぐ存在として少女というモチーフを使い制作している。男女における境界とは何なのだろうか。そんな私の内にある、女性への強い憧れと幻想を、刺繍やビーズで彩った宝箱をイメージした展示です。

 

 

境界少女

 

カテゴリー