酒井聡 プロダクトデザイン学科講師

プロダクトデザイン学科の酒井聡講師と、宮城大学助教の土岐謙次さんとで、「マテリアライジング展Ⅱ 情報と物質とそのあいだ」(2014年7月19日 – 8月8日|東京芸術大学美術館 陳列館)のために共同制作を行なった「Tele-Flow」を、ウェスティンホテル仙台にて展示しています。

The Westin Art Showcase Exhibition
vol.7「Tele-Flow」

宮城県南三陸町に植樹されたウルシの息吹を仙台で再現

会場:ウェスティンホテル仙台 1階「The Westin Art Showcase」(宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1)
会期:2014年9月11日〜10月23日12:00〜17:00
入場無料
協力:株式会社JVCケンウッド・デザイン、⁂ Forest Notes

lounge logue 09: Tele-Flow 作品とそのコンセプトとの対話

会場:ウェスティンホテル仙台 1階「The Westin Art Showcase」(宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1)
日時:2014月9月23日16:00〜17:30
申込不要・参加無料
主催:logue
問合せ:info@project-logue.jp

「Tele-Flow」はウルシ樹の生体電位を利用して、宮城県南三陸町長清水(ながしず)地区に植樹されたウルシをデジタルに移植するメディアです。造形は、ウルシの実木から3Dスキャン・3Dプリントした透明オブジェクトと、葉を模した漆フィルムで構成されます。マイクロモーターが実装された葉柄は、 植樹地からの信号によってかすかに振動し、南三陸町の豊かな自然の息吹を伝えます。また、現場の環境音をリアルタイムに配信しています。この作品を通して、日本の漆の危機的な現状(国産自給率は約1%、99%は中国からの輸入)に想いを馳せて頂ければと思います。

酒井聡

10668876_695663433846782_4577365457600926190_o 10535822_695663437180115_7886474515056034336_o

カテゴリー