修了生 酒井崇全 / 個展「祭」

大学院 芸術工学研究科 修了生の酒井崇全(さかい・まさたか)さんが8月27日から東京の「ギャラリーf分の1」で個展「酒井崇全・白磁の告白。」を開催します。一切彩色を施さず、柔らかい曲線と、陰影によっていろいろな表情を見せてくれる白磁の作品を日々制作しています。全て磁土による、鋳込み成型で制作されたシキメン(磁器面)から宴の器まで、約50点の作品でギャラリーを真っ白な空間に演出します。ぜひご覧ください。

▶︎個展「祭」概要

会期:2014年8月27日(水)〜9月6日(土)※会期中 作家在廊予定
休館日:9月1日(月)
時間:11:00〜18:30 ※初日13:00〜より、日曜・最終日は〜17:00まで
会場:ギャラリーf分の1
住所:東京都千代田区神田駿河台1-5-6 コトー駿河台
料金:無料
お問合せ:会場tel:03-3293-8756
作家HP:http://www1.odn.ne.jp/sobrothers/sakai/index.html

 

▶︎作家より

私は、自分の作品が虹色だと思っています。
恐ろしくも美しい、艶やかしい素材「白磁」

その素材を更に艶やかしく、カタチにして行く。
その作品は、空間を溶かし込み、彩りを変化させる。

今回テーマは「祭」

テーマを決めてからは、連想ゲームのように作品づくりをするので、
単刀直入な作品もありますが、私にとっての「祭」は儀式の色も強く、
「生死」を意識した作品もあります。

そんな酒井の「祭」を感じていただけたら嬉しいです。

sakai

カテゴリー