青森県八戸市から福島県相馬市の全長700キロを24日間かけて本学学生らが踏破 「あるいて、つないで、みちになる。」ぼくらのみちのく潮風トレイル

本学学生4名が、環境省が主催するプロジェクト「みちのく潮風トレイル」に参加し、8月20日(水)から9月12日(金)までの24日間、青森県八戸市から福島県相馬市の三陸沿岸を歩きます。
環境省は、東日本大震災で津波の被害を受けた東北地方太平洋沿岸地域を長距離自然歩道に設定。「歩くための道」として新たに策定されたこの道は、東北沿岸部を南北につなぎ、交流を深めるための道として整備が進められています。
参加メンバーは、震災からの復興活動を行う本学組織「福興会議」で宮城県仙台市出身の学生を中心とした4名、京都造形芸術大学・東京藝術大学・立命館大学・秋田公立美術大学からそれぞれ1名の計8名。全国から集まった学生が2チーム(各4名ずつ)に分かれ、青森県八戸市から南下するチーム、福島県相馬市から北上するチームでそれぞれ350kmを歩きます。中間地点である岩手県大船渡市三陸町「恋し浜駅」を目指し、1日約15kmを歩き進めます。
東北の沿岸部を歩きながら、豊かな自然・景観を身を持って味わい、その地で暮らす人と出会い、ぬくもりに触れることと、津波の痕跡を、自然の脅威を、真摯に受け止め、東北ならではの魅力を五感で体感しながら、「あるいて、つないで、みちになる。」をテーマに、学生目線でトレイル体験をfacebookで発信。既存の標識や施設を活用しながら、この夏24日間、8名で歩き続けます。
ぜひご声援ください。

各メディアでも紹介いただいています。
大学生による踏破プロジェクト「あるいて、つないで、みちになる。~ぼくらのみちのく潮風トレイル、三陸沿岸700㎞~」、始動!![ランドネ]
東北沿岸700㎞をゆく大学生の旅[TOKYO FM]

トレイルの様子は、下記facebookページで随時更新しています。
あるいて、つないで、みちになる。facebookページ https://www.facebook.com/bokurano.shiokazetrail

 

 

カテゴリー