山形のブランドaGareyのCMを映像学科の学生が制作

山形県内製造業と東北芸術工科大学の産学連携ブランド「aGarey(アガレイ)」のCMを映像学科の3年生が制作しました。

「aGarey」は、山形の「食べる、飲む、住まう」をテーマに、県内企業が集結し誕生した異業種連携ブランドです。2012年11月、「新しい形 のデザインプロジェクト」として立ち上げ、その成果を今年1月にフランスで開催された世界最大の国際見本市(MAISON&OBJET PARIS/メゾン・エ・オブジェ)に出展。ニューヨーク近代美術館公式ストアの「MoMA」や、世界に注目される服、古着、小物、雑貨、リビングアイテ ムを扱うコンセプトショップ「merci」、厳選した家具やインテリアアイテムを扱うホームファニシングショップ「THE CONRAN SHOP」等からも注文を受けるなど、好評を博しました。また、VOGUEやマリクレールなど国際的なメディアからの問合わせや、イタリアで開催される 「ミラノ・サローネ」への出展の打診など、予想以上の大きな反響を得ています。

この新しいブランド「aGarey」の魅力を伝えるためのCMを映像学科の3年生の2グループが制作し、Youtubeに公開しました。

agareyについて詳しくは、こちらのHPをご覧ください:http://www.agarey.jp/

映像学科について詳しくは、こちらをご覧ください:http://www.tuad.ac.jp/filmandmedia/

 

カテゴリー