文芸学科4年生が取材・執筆した震災ルポルタージュ全国発売

文芸学科4年笠原伊織さんが取材・執筆した震災ルポルタージュ「アノヒカラ・ジェネレーション 東日本大震災と東北の若者」が、東北芸術工科大学 京都造形芸術大学出版局 芸術学舎より発行され、幻冬舎(本社 東京都/代表取締役社長 見城徹)より、2014年7月8日に全国の主要書店にて発売されました。

笠 原さんは、入学以来震災についての作品を書きたいと考えていましたが、なかなか形にできずにいました。2年次に成人式で会った同級生たちと将来を語り合っ たことがきっかけで、「友人たちの考えを一つの本にできるのではないか」との思いが芽生え、山川健一文芸学科教授が担当した編集に関する授業の最終課題で 企画書を提出。山川教授が高く評価し、発行に向けて動き出しました。
3年次からは山川ゼミに所属し、ゼミ所属学生が一丸となってタイトルやコンセプト、取材対象、帯コピーなどを検討。昨年8月に幻冬舎の見城徹社長に出版企 画をプレゼンテーションしたところ、「圧倒的なオリジナリティーがあり、企画の段階での完成度も高く、幻冬舎より刊行したい」と評価され、今回の出版とな りました。

タイトルや目次立てなどは、文芸学科学生が担当。表紙や文中の写真には、本学グラフィックデザイン学科卒業生の門馬太一郎さん (福島県南相馬市出身)が在学中に撮影した作品を使用。取材対象も、文芸学科の学生や笠原さんの高校時代の同級生など、身近な友人や知り合いへのインタ ビューを中心に構成されています。

●関連記事
震災と若者 本音凝縮 東北芸工大生がインタビュールポ出版[河北新報]
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140712_75013.html

 

c

カテゴリー