福島第一原子力発電所事故による大学敷地内放射線量(2014年7月1日)

2014年7月2日更新

東北芸術工科大学での測定概要

東北芸術工科大学では、各実習棟やグラウンド等の一般的な箇 所ほか、局部的に高線量を示すと思われる場所も併せて測定を行っています。測定点は地表から50cmと1mの高さです。なお、「局部的に高線量を示すと思 われる場所」は、雨樋の直下(雨落ち)、排水溝、集水枡、落葉だまり、花壇、植込み、砂場などです。
計測には株式会社堀場製作所製のRadi PA-1000 シンチレーション式を使用しています。
※これ迄毎月計測をしてきましたが、2014年度より3ヶ月に一度の計測と致します。

年間積算被曝線量について

([屋外空間線量値]μ㏜/h×4h+[屋内空間線量値]μ㏜/h×20h)×365d÷1000=[年間積算被曝線量]m㏜/年
東北芸術工科大学での年間積算被曝線量の判断基準は、上記の計算式で算出しています。屋外滞在時間4時間は:演習時間3時間+通学往復1時間という仮設で設定しており、1年間、常に上記条件下で活動するという現実にはあり得ない安全側に立った数値設定としています。
文科省の基準(年間1ミリシーベルト)には達していませんが、大学独自の安全対策として比較的高線量の局所的な部分は、既に除染を実施しています。
なお、本館東側の大屋根からの雨が落ちる箇所については、構造上線量が高くなります。

比較対象データ

山形市公式ホームページ:学校、保育園における空気中の放射線量の詳細調査結果について
なお、山形市の測定位置は地表50cmです。

2014年7月1日(火)の計測結果

大学敷地内での実測値 単位:マイクロシーベルト(μ㏜/h)

No 施設 環境 計測時刻 地表50㎝ 地表1m 備考
1 事務室 施設課 室内 16:40 0.052 0.051
2 大学院棟 雨落ち 10:21 0.282 0.176
3 デザイン工学実習棟A 雨落ち 10:15 0.227 0.152
4 雨落ち 10:10 0.190 0.158
5 デザイン工学実習棟B 雨落ち 10:27 0.234 0.145
6 雨落ち 10:35 0.230 0.183
7 大駐輪場 中央 10:40 0.097 0.080
8 本館東 雨落ち 10:03 0.295 0.238
9 本館東 雨落ち 16:22 0.167 0.134
10 正面広場 中央 10:57 0.129 0.096
11 滝前 10:52 0.177 0.107
12 こども芸大 北東 排水溝 11:03 0.087 0.091
13 北西 排水溝 11:09 0.072 0.064
14 こども芸大 園庭 北東 砂場 11:16 0.095 0.096
15 北西 落葉 11:21 0.070 0.072
16 南東 11:37 0.096 0.091
17 南西 落葉 11:26 0.070 0.077
18 中央 11:31 0.108 0.091
19 こども芸大 南駐車場 中央 11:43 0.048 0.047
20 こども芸大 畑 中央 14:42 0.056 0.053
21 竹林 中央 16:07 0.085 0.081
22 芸術実習棟 雨落ち 14:16 0.239 0.144
23 芸術実習棟 雨落ち 14:30 0.251 0.195
24 芸術研究棟A 西 雨樋 14:22 0.185 0.134
25 体育館 雨落ち 14:10 0.193 0.132
26 新実習棟A 西 雨樋 15:31 0.109 0.093
27 新実習棟B 雨樋 15:37 0.219 0.108
28 新実習棟B 西 雨樋 15:58 0.153 0.108
29 新実習棟C 西 雨樋 15:48 0.137 0.118
30 グラウンド マウンド 14:53 0.100 0.101
31 アーカイブセンター 北東 雨落ち 15:06 0.191 0.141
32 教職員宿舎 北東 雨落ち 15:18 0.070 0.066

計測地点と測定値チャート

青色になるほど数値が低く、オレンジ色になるほど数値が高い地点になります。

140702

カテゴリー