美術科テキスタイルコースが紅花を使ったアート作品展を開催

美術科テキスタイルコースが、「白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ)」から依頼を受け、紅花をテーマにした作品展「紅花colors×時の種子」を7月2日より開催しました。山形県は江戸時代からの全国最大の紅花生産地で、中でも白鷹町は現在日本一の生産量を誇る紅花の里です。その白鷹町の紅花で染められたアート作品が、東北芸術工科大学の染織や繊維を専門とするテキスタイルコースによって制作されます。昨年制作・展示した、白鷹産の紅花と繭による大型作品「意識のシェルター」をメインにし、今回はテキスタイルコース卒業生・大学院生による作品展示企画「時の種子」と連動。紅花染めや紅花、白鷹町をテーマとした作品を展示いたします。紅花畑を見て、紅花のアート作品を観て、紅花染めをするという、このときしか味わえない貴重な体験をお楽しみください。

※「時の種子」は、テキスタイルコース卒業生・大学院生が作品展示を行なう時の企画名です。

紅花colors×時の種子

会期:2014年7月2日(水) 〜27日(日)
時間:9:00~19:00(月曜日〈月曜日が祝日の場合はその翌日〉
会場:白鷹町文化交流センターAYu:M
住所:山形県西置賜郡白鷹町大字鮎貝7331番地
入場:無料
主催=白鷹町、白鷹町観光協会
共催=白鷹町文化交流センター、東北芸術工科大学芸術学部美術科テキスタイルコース
お問合せ=白鷹町観光協会 Tel:0238-86-0086

 

140703紅花

 

 

140703紅花2

 

カテゴリー