[聴講者募集] 第5回平和文明会議 テーマ:「核の平和利用」という虚構

日時:2014年5月14日(水)13:00~17:00
場所:京都造形芸術大学 瓜生館1階

東北芸術工科大学と京都造形芸術大学の共同研究機関「文明哲学研究所」では、「第5回平和文明会議」を京都造形芸術大学にて開催致します。基調講演では、映画監督の鎌仲ひとみ 氏とフォトジャーナリストの豊﨑博光 氏です。講演の後、会議メンバーによるディスカッションを行います。会議実施にあたり、聴講希望者を受付けます。ご希望の方は下記をご確認頂きメールにてお申し込み下さい。皆様のご応募お待ちしております。

 

会議テーマ:「核の平和利用」という虚構

日時:2014年5月14日(水)13:00~17:00
場所:京都造形芸術大学 瓜生館1階

基調講演:
鎌仲ひとみ 氏(映画監督・文明哲学研究所客員教授)
【演題】「被ばくの内実を知る、原爆から原発そして劣化ウラン弾まで」
豊﨑博光 氏(フォトジャーナリスト・文明哲学研究所客員教授)
【演題】「被ばく:世界と日本の人びとと暮らしへの影響」

受付期間:2014年4月18日(金)~5月7日(水)
聴講人数:20名(申し込み多数の場合は抽選とさせて頂きます)
応募方法:下記、明記の上、文明哲学研究所あてにメールにてご応募下さい。
件名:第5回平和文明会議聴講希望
1,氏名
2,所属(学校名、勤務先など)*本学学生は学籍番号、学年、学科、

応募先アドレス:iphv@office.kyoto-art.ac.jp 京都造形芸術大学 文明哲学研究所

*ご応募頂く返信のメールアドレスはパソコンで使用しているアドレスでお願いします。
(携帯電話用のアドレスはこちらからのメールを正しく受け取れない可能性があります。)
*当選者の方には2014年5月9日(金)迄にこちらからメールにてご連絡差し上げます。
*当選者の方のみ、ご連絡とさせて頂きます。期日迄に返信が無い場合は聴講頂けません。
*当日は、講演および会議途中での入退席は禁止とさせて頂きます。

140514ポスター01

カテゴリー