三瀬夏之介/美術科准教授

発表/個展

kazetsuchinoki
三瀬夏之介美術科准教授の個展「三瀬夏之介 風土の記―かぜつちのき―」が、奈良県立万葉文化館で開催されます。
三瀬准教授は奈良県の出身であり、現在も意欲的な制作活動を続ける新進気鋭の画家です。本展では、三瀬准教授の代表作である「君主論- Il Principe-」、「ぼくの神さま」(ともに大原美術館所蔵)に加え、「日本」を正面からテーマに据えた「J 」シリーズや、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」からインスピレーションを受け、震災後に制作された大作「日本の絵」シリーズ等と共に、本展初公開となる「風土の記」をモチーフに、世界における日本、日本における奈良、といった壮大なスケールで三瀬准教授の故郷「奈良」を表現した新作を紹介します。詳細は以下の関連ページをご覧ください。

三瀬夏之介 風土の記-かぜつちのき-

会期:2014年年3月9日(日)~5月11日(日)
時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
会場:奈良県立万葉文化館
住所:奈良県高市郡明日香村飛鳥10
入場:一般600円/大学・高校生500円/小中学生300円
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
主催:奈良県立万葉文化館/日本経済新聞社/奈良新聞社
関連ページ:http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=67

sub3

カテゴリー