大学院仙台スクール公開講義『ゲームサウンド制作の世界』

日時:2014年1月18日(土)13:00~14:30
会場:東北芸術工科大学大学院仙台スクール
住所:仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
http://www.tuad.ac.jp/sendaischool/access/
参加:無料
‰ª“cæ¶u‰‰‰ïƒ`ƒ‰ƒV3


開講趣旨

ゲームの世界観やアクション効果を音で伝えるゲームサウンドは、ゲームに欠かすことのできない要素です。ゲームのサウンドはプレイの臨場感を高め、視覚的な効果と相まって、劇的な演出効果を生み出します。そのことは、私達の実生活そのものが、常に「音」や「音楽」と結びついていることに由来していると思われます。「音を鳴らさずにやるゲームは物足りない」ことは私達の共通認識です。それでは、はたしてゲームのサウンドを生み出すクリエイター達はどのような考え方、プロセスに基づいてゲームサウンドを創作しているのでしょうか。今や、ゲームサウンドは、楽曲が音楽ソフトとして販売されたり、生楽器での公演が行われたり、「音系ゲーム」が人気であるなど、多様な展開をみせています。この度は、ゲームサウンド制作の世界について、ゲームサウンドクリエイターの大久保博様よりご講演いただきます。ゲームサウンドに関心のある方々にとって大変貴重な機会です。ゲームファンの方はもとより、音好きの方、創造的な活動に関心のある方々、ぜひご来場ください。

講師
大久保博氏|サウンドクリエイター(株式会社バンダイナムコスタジオ、ET開発本部サウンド部・部長)
1994年㈱ナムコ(現㈱バンダイナムコゲームス)にゲームサウンドデザイナー、コンポーザーとして入社後、ゲームサウンドディレクターとして数多くのゲームサウンド制作に携わる。(上記掲載画像は参加作品の一部)
主な担当製品:リッジレーサーシリーズ、ファミリースキーシリーズ、エースコンバットシリーズ、塊魂シリーズ、鉄拳シリーズ他。CEDECでの講演や、2012年NHK(Eテレ「メディアのめ」)出演、東映アニメ「京騒戯画」音楽プロデューサーを担当するなど幅広く活動中。

主催・お申込み・お問い合わせ先

東北芸術工科大学大学院仙台スクール
E-mail: sendai@aga.tuad.ac.jp
TEL.: 022-716-6377
お申込みはメールまたはお電話でお願いいたします。メールの場合には件名を「公開講義参加申込」とし、本文に①公開講義の名称、②参加者氏名・所属、③住所、④連絡先(メールアドレス・携帯電話等)をご記入のうえお申込みください。

カテゴリー