廣瀬俊介/大学院環境デザイン領域准教授

出演/フォーラム内パネルディスカッション パネリスト

廣瀬俊介大学院環境デザイン領域准教授が、平成25年度百年の杜づくりフォーラム「ふるさとの杜 再生へ向けて」で開催されるパネルディスカッション「市民参加の「風景」の再生にむけて」のパネリストとして出演致します。また2014年4月から本学のデザイン工学部に開設するコミュニティデザイン学科学科長に就任予定の山崎亮氏も出演します。

flyer_omote

開催概要

フォーラム名:平成25年度百年の杜づくりフォーラム「ふるさとの杜 再生へ向けて」
日時:2014年2月1日(土) 13:00~16:00
会場:せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
住所:仙台市青葉区春日町2-1
主催:仙台市
問合せ先:仙台市建設局百年の杜推進課
TEL:022-214-8389
E-mail:ken010240@city.sendai.jp

趣旨

東部沿岸地域の海岸林,干潟,公園,居久根などのみどりは大きく失われ,地域の風景は一変してしまいました。みどりの復興については、単にこれまでのみどり環境を再生させるにとどまらず、防災的な機能を付加しながら、いかに震災の記憶を風化させることなく継承させていくのか、そして、いかにより多くの市民の方と、関わり合いを深く持ちながら進め、末永く継続させていくかが課題となります。このフォーラムでは、「杜の都・仙台」のみどりや風景をいかに再生し、未来へ継承していくのか、それぞれの専門家からの意見を通し、震災復興とみどりのまちづくりについて考えます。
(以上、同フォーラム開催要旨より抜粋)

関連HP:http://www.city.sendai.jp/news/2013/d/1211626_2388.html
フライヤーデータ:
http://www.city.sendai.jp/news/2013/d/__icsFiles/afieldfile/2013/12/11/1_1.pdf
http://www.city.sendai.jp/news/2013/d/__icsFiles/afieldfile/2013/12/11/2_1.pdf

カテゴリー