『半農×半映画』に、映像学科4年の風間大樹さんが監督として参加します。プロジェクトの参加者を募集中!

俳優・脚本家・地域プロデューサーを育てる「映画24区」が主催するワークショップで、総務省定住自立圏等推進調査事業として山形県鶴岡市で展開している『半農×半映画』プロジェクトに、映像学科4年生の風間大樹さんが、映画監督として参加します。
このプロジェクトは、映画界での活躍を目指す俳優や脚本家に向け、地方での仕事に携わっていただきながら、一方で映画人としてのスキルを高めるための良質な教育・鍛錬の環境を、まち全体で支援していくものです。
今回は農業を体験しながらワークショップを受講いただき、ワークショップ後は、集大成としまして冨樫森監督総合監修のもと、短編オムニバス映画を製作します。一回目のワークショップでは、映像学科4年の草野みさきさんが、最優秀脚本に選ばれました。

参加者を募集

現在、このプロジェクトへの参加者を募集しています。俳優業、脚本家業にご興味のある方はぜひご参加下さい。参加費用は無料。交通費など実費のみです。詳細は以下をご覧下さい。
関連ページ:http://eiga24ku.jp/news/2013/11/post-70.html

お問合せ

「半農×半映画」プロジェクト運営事務局 担当:岩田
住所:山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29
TEL:0235-62-2080
E-mail:info@eiga24ku.jp

カテゴリー