わちゃわちゃ展-マチをたがやす人たち-

会期:2013年11月12日(火)~12月1日(日)
時間:9:30~18:00(入館は17:30まで/最終日は15:00まで)
主催・会場:天童市美術館

わちゃわちゃ展

 

本学の卒業生が中心メンバーとなっている天童アートプロジェクトが主催し、天童市美術館で「わちゃわちゃ展-マチをたがやす人たち-」を開催しています。会場では、参加アーティストそれぞれの視点で見つめた「地域の新しい見方」を作品化し、天童市美術館、天童市立山口公民館、天童市立長岡公民館3つの拠点で展示いたします。天童市の日常を描いた絵画、地域の方の笑顔を写した写真など、地域の中の小さな魅力の数々をぜひご覧ください。

ーマチをたがやす人たちーについて

活動を始めて2年目となる今回は、地域の方とかかわりながら展覧会をつくる中で、自分のできることや好きなことを基盤にして、人と人との関係を生み出す創造的な生き方をしている方と出会うことができました。彼らの活動は、まるで土を耕すように地域に対して緩やかな変化を与え続けています。高校の教員、商店の経営者、2児の母、お寺の坊守・・・それぞれ立場や肩書は違いますが、ひとりひとりが地域に対して想いを持ち、さまざまな実践を試みています。 私たちは、彼らの活動に共感し、このような人々のことを『たがやす人』と呼んでいます。

 

休館日:月曜日
企画・運営:天童アートロードプロジェクト実行委員会
協力:東北芸術工科大学(片桐研究室)/天童市立長岡公民館/天童市立山口公民館
後援:天童市教育委員会
出品作家(50音順敬称略):イシザワエリ/佐々木綾子/菅生鈴/田中里美/棚澤寛/東海林ひとみ/芳賀一彰/樋口健介/ふじのさき/村山春香/森谷信昭

同時開催展

天童市立山口公民館・天童市立長岡公民館でも展覧会を同時開催しています。
詳細は以下までお問合せ下さい。
TEL:023-654-6300

ワークショップ、その他の活動

●出張!「おみがき」ワークショップ/同時開催「おみがき」の模様を持ち帰ろう
お寺で使われている道具を近くで見たことはありますか?時を経てくすんできた道具も手作業で磨くことによって、輝きを取り戻します。「おみがき」をしながらダイナミックな植物柄や幾何学模様の意味、そして仏教に触れてみませんか?またイシザワエリさんによるワークショップ『「おみがき」の模様を持ち帰ろう』も同時開催。このワークショップで磨いた模様を紙に写し取って「しおり」をつくります。
日時:2013年11月24日(日)14:30~16:30
講師:菅生 鈴(真宗大谷派 願行寺 坊守)/イシザワエリ(大学院こども芸術教育領域修了生)

 

●毎日こうみんかん~天童市美術館編~「ビニプラ宇宙船」「あみ、あみ、アミボシ
子どもから大人まで気軽に参加できるものづくり活動「毎日こうみんかん」では、身近なビニール類を使って、くるくる回る透明な宇宙船を作る『ビニプラ宇宙船』や、ビニール、毛糸、紙、いろんな素材を編みこんで、1枚の布づくりを行う『あみ、あみ、アミボシ』を開催します。
ビニプラ宇宙船 日時:2013年11月17日(日)10:00~12:00
あみ、あみ、アミボシ 日時:2013年12月1日(日)10:00~12:00/13:00~16:30
講師:イシザワエリ(大学院こども芸術教育領域修了生)
参加費:無料(5歳以下のお子様は保護者同伴でお願いします。)

 

天童アートロードblog:http://art1771.blog.fc2.com/
天童アートロードプロジェクトFacebook:https://www.facebook.com/tendou.art.road

 

 

カテゴリー