2014年度末での大学院仙台スクールの教育課程終了について

東北芸術工科大学大学院仙台スクール(デザイン工学専攻コンテンツ・ビジネスプロデュース研究領域)の教育課程は、本学が仙台市並びに公益財団法人仙台市産業振興事業団との間で締結した「地域のコンテンツ・ビジネスの育成振興にかかる連携協定」に基づき2005年(平成17年度)に設置し運営いたしております。

当該協定が2014年度末(平成27年3月31日)に満了することをふまえ、今後の課程運営について仙台市との協議並びに学内での協議を行いました結果、当該連携協定の満了時期をもって大学院仙台スクールの課程を終了することとし、課程終了と同時に大学院仙台スクールの施設は閉じることといたします。
大学院仙台スクールの教育研究活動は、『コンテンツとビジネスの創造を学ぶ実践型大学院』として極めて意義のある活動であり、地域との連携を土台とする実践的な教育を受けた在学生・修了生達は、今後もよりよい地域社会と文化の形成に向けて活躍していくことを確信しています。
また本学は、仙台市並びに公益財団法人仙台市産業振興事業団との連携を今後も継続し、地域の発展に貢献して行きます。

なお、本件に関するご質問等ございましたら、本学事務局までご連絡くださいます様お願い申し上げます。

http://www.tuad.ac.jp/sendaischool/

カテゴリー