映像学科「メディアアート論」で吉本興業「住みます専務」がゲスト講師に。

日時:2013年11月7日(木)12:30~13:50
会場:東北芸術工科大学 本館201講義室
対象:全学生、教職員
特別講師:竹中功(たけなか・いさお)氏

「笑」をプロデュース。
人の心をつかみ差をつける、ヨシモト式発想法とは。

映像学科では、社会における多様な映像の成立を学ぶオムニバス形式の演習「メディアアート論」にて、毎回様々なゲストをお招きしています。今回は、竹中功氏(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役/吉本興業株式会社 地域活性推進室 東北ブロック代表)がゲスト。氏がこれまで吉本興業で展開してきた広報宣伝、プロデュース業務のほか、現在進めている、吉本興業の専務らベテラン社員を「住みます専務」として全国7地域に配置し、笑いによる地域の活性化を実施するプロジェクトでのご経験を通じて、「笑」をプロデュースすることで人の心をつかみ差をつける、ヨシモト式発想法を学びます。

ダイナミックに進化するメディアアートは多岐にわたり、深く、そして広がりを持っています。この授業では、さまざまな専門分野の「今」から、学生それぞれが独自の映像へのアプローチ、展開を学ぶ機会となっています。

参考記事

左遷ではありません…吉本興業、全国に専務らベテラン社員配置
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/07/kiji/K20131007006766710.html

「住みます専務」が全国7エリアに!吉本興業が「地域活性推進室」を創設
http://yoshimotonews.laff.jp/news/2013/10/7-9837.html

竹中 功 氏 プロフィール

takenakaisao

1959年 大阪市生まれ
同志社大学法学部法律学科卒業
同志社大学大学院総合政策科学専攻修士課程修了

吉本興業株式会社入社後、宣伝広報室設立。広報誌「マンスリーよしもと」初代編集長、吉本総合芸能学院(よしもとNSC)開校心斎橋筋2丁目劇場、なんばグランド花月、うめだ花月シアターなどの劇場開場時の宣伝広報担当プロデューサー。河内家菊水丸のマネージャーとして、イラク・バグダッド、ロシア・モスクワ、北朝鮮・平壌公演などプロデュース。リスクマネージメント、コンプライアンス委員。

1996年 大阪市中央区コミュニティFM局 YES-fm開局
1997年 YES VISIONS設立。映画「ナビィの恋」「無問題/モウマンタイ」「無問題2」「ガキンチョ★ROCK」(監督・前田哲)などを製作
2000年 大阪制作営業統括部 セールスアカウントディビジョン
2004年 制作・営業統括本部副本部長
2005年 広報センター長兼任
2006年 執行役員メディアア・リレーションズセンター長
2007年 執行役員制作・営業統括本部副本部長
2007年 10月分社化により、よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役
2012年 1月より専務取締役
2013年 吉本興業地域活性推進室東北ブロック代表に就任

講演:「吉本式発想法」「吉本百年史」「広報術」「交渉術」「危機管理」その他

著書:「わらわしたい・竹中版正調よしもと林正之助伝」(河出書房新社)

カテゴリー