髙橋久雄氏 講演会「中世フレスコ壁画の魅力とは」

日時:2013年10月30日(水) 17:10~18:30
会場:東北芸術工科大学 本館407講義室(山形市上桜田3-4-5)
特別講師:髙橋久雄 氏(仏文化省公認壁画修復家/名古屋芸術大学名誉教授/フレスコ画家)
入場無料/予約不要

伝統文化を重んじるフランス政府が認めた
唯一の日本人フレスコ画家 髙橋久雄氏 。
講演会「中世フレスコ壁画の魅力とは」

芸術学部では、フランスで活躍する日本人唯一のフランス文化省公認の壁画修復家でフレスコ画家の髙橋久雄氏をお招きし、髙橋久雄 講演会「中世フレスコ壁画の魅力とは」を10月30日(水)に開催致します。

takahashihisao002

初年度の今回は、「フランス中世聖堂壁画修復の現状」を実例に中世のフラスコ画の歴史と技法を講話するほか、現代におけるフレスコ絵画制作についてのDVDを上映。髙橋氏がブルゴーニュの古都オータン市の12世紀の古城「ユルスリーヌ塔」と付属する小聖堂を取得し、ご自身の「フレスコ画を中世の建築物に描きたい」という夢を40年の歳月をかけて実現したプロセスを講話頂きます。また世代を超えて日仏の美術大学の学生たちの研修の場、日仏交流の場ともなっている「フレスコ壁画創作プロジェクト」についても報告致します。

この特別講義は一般公開しています。伝統文化を重視するフランス政府から認められ活動を続けておられる貴重な経験談を、歴史、芸術にご興味のある方など、ぜひご来場下さい。

髙橋久雄氏 略歴

1936年 埼玉県に生まれる
1963年 武蔵野美術大学西洋学科研究科修了
1966年 フランス国立アールデコラティーフ壁画科入学 デピエール教授(フランス学士院会員)に師事
1981年 ユネスコおよびイタリア政府の招聘で「ICCROM」にて壁画修復と保存についての資格取得
1989年 「マケドニア聖堂壁画」パル出版より刊行 パリ市より「ヴェルメイユ勲章」を受章
1990年 フランス政府より「シュヴァリエ芸術文化勲章」受章
1992年 在フランス日本大使館にてフレスコ画展
1993年 日本橋三越本店にてフレスコ画展
1994年 ブルゴーニュ州名誉市民第一号に推挙
1996年 日本橋三越本店にて在仏30周年記念フレスコ画展
1997年 パリ・ユネスコ本部でフレスコ画・中世聖堂画修復展
名古屋芸術大学美術学部名誉教授となる
1998年 オータン名誉市民に推挙
2000年 フランス政府の許可を得て「ユルスリーヌ国際文化センター(CITU)」を設立、所長に就任フランス政府より「レジョン・ド・ヌール勲章」受章
2001年 在フランス日本大使館公邸にてフレスコ画展
日本橋三越本店、名古屋市三越栄本店にて在仏35周年記念フレスコ画展
2003年 埼玉県立近代美術館にて「髙橋久雄―ひとすじの道」展
2006年 秩父市立芸術文化会館にて在仏40周年記念フレスコ画展
2008年 日本国外務大臣賞受賞
2009年 秋の叙勲「材外邦人旭日小綬章」受賞
2010年 フレスコ壁画創作の筆入れ式をユルスリーヌ塔で行う

フランス・日本にてフレスコ画展多数

髙橋久雄氏

カテゴリー