「デザセン2013」決勝大会

日時:2013年10月27日(日)12:30開会(12:00開場)~17:00(大会終了予定)
会場:東北芸術工科大学 本館3階 201講義室(山形市上桜田3-4-5)
入場:無料/申し込み不要/一般聴講可
HP:http://www.tuad.ac.jp/dezasen/

 

logo

東北芸術工科大学では、今年で20回目を迎える「全国高等学校デザイン選手権大会決勝大会」(通称:デザセン)を、2013年10月27日に開催致します。

大会では韓国から応募した2チームが初出場

決勝大会は、一次予選応募数108校(935チーム/過去最高)の中から予選を通過した12チームの高校生が、様々な分野で活躍するクリエイター や建築家などからなる審査委員と一般聴講者を前に、自らのアイデアを映像や模型などを用いてプレゼンテーションし、優勝以下、各賞を決定します。 山形からは東根工業高等学校のチームが参加するほか、今大会では韓国から応募した2チームが初出場します。

放送作家、デザイナー、コンテンツ界のプロ、アーティストが審査員

デザセンは高校生が、社会や暮らしの中から問題・課題を発見し、その解決方法を分かりやすく提案することで、問題発見力や分析力、企画力、チーム 力を競うものです。審査委員には、放送作家・脚本家でもある小山薫堂企画構想学科教授(審査委員長)、「ニコニコ動画」の運営に携わる杉本誠司氏 (株式会社ニワンゴ代表取締役社長)、サムスン電子デザイン経営センターで要職を歴任しソウルデザイン財団で東大門デザインプラザの創設に携わる 鄭國鉉氏(ソウルデザイン財団総監督)、TBS歌番組「アーティスト」のMCを務める大宮エリー氏(作家、脚本家、映画監督、演出家)などをお迎 えします。

商品化、実現化している事例多数

2010年度大会で準優勝した『まくら投げのすすめ』や3位入賞した『ネガポ辞典』、2011年度大会で優勝した『あなたのおうちに。開局! 選挙チャンネル』、入賞した『つづきがないない』、2012年度大会で優勝した『レシート日記』など、本大会で発表されたアイデアが商品化、実現化してい る事例も出てきております。

ニコニコ生放送で放送します

プレゼンテーション終了後の質疑応答での、高校生と審査員との掛け合いも見どころのひとつです。なお、当日は「ニコニコ生放送」でインターネット 放送予定です。
ニコニコ生放送:http://www.tuad.ac.jp/dezasen/final2013/nico/

当日の一般聴講者も募集しています

既存の社会に対しユニークなアイデアや視点を持つ高校生の発表を多くの皆さまにご覧いただきたく、一般聴講者枠もご用意しております。お申込み不要です。

お問合せ

東北芸術工科大学 デザイン選手権大会事務局
TEL:023-627-2139
E-mail:dezasen@aga.tuad.ac.jp

 

カテゴリー