大学院仙台スクール公開講義『プロジェクション・マッピング』セミナー&ワークショップ

日時:2013年10月30日(水)18:00~20:30
会場:東北芸術工科大学大学院仙台スクール
住所:仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
http://www.tuad.ac.jp/sendaischool/access/
参加:無料
ƒvƒƒWƒFƒNƒVƒ‡ƒ“ƒ}ƒbƒsƒ“ƒOƒZƒ~ƒi[•ƒ[ƒNƒVƒ‡ƒbƒv


開講趣旨
プロジェクションマッピングは、東京駅丸の内駅舎保存・復原完成記念イベントや、被災に伴い惜しまれつつ閉校となった東松島市立浜市小学校の卒業セレモニー等、近年、大いに注目を集めている新しい映像表現形式です。現実にある建物などに映像を投影し、その建物自体の持つ形状と映像を有機的に組み合わせることによって、建物自体の特性を活かした、楽しく、効果的な表現が可能になります。また、音楽や、現実の人物や物体とのコラボレーションも行いやすく、今後の多様な表現の可能性を感じさせます。

この度は、各地でプロジェクションマッピングの普及に積極的に取り組んでおられる、一般財団法人プロジェクションマッピング協会の代表理事、石多未知行氏をお迎えし、各種のプロジェクションマッピングのご紹介と、基本的な制作技術に関するワークショップ(実際の場所を活用したデモンストレーション)を行っていただきます。
プロジェクションマッピングやその表現手法に関心のある、多くの皆様の御参加を希望いたします。(専門的な知識・技術の有無は問いません。)ぜひこれからの新しい映像表現手法をご体感ください。
また、本セミナーでは、11月に石巻、石ノ森萬画館で開催予定のプロジェクションマッピングイベントについてもご紹介いたします。

講師
石多 未知行氏|一般財団法人プロジェクションマッピング協会代表理事
藤井 秀樹氏|同協会事務局長
一般財団法人プロジェクションマッピング協会:ビデオプロジェクターなどの映像演出で建築物や屋内、様々な物体を全く異なる空間やモノに変貌させることができるプロジェクションマッピングの手法普及、技術開発、人材育成を目的に設立され、クリエイター自身が運営している事が特徴。日本で初めてのプロジェクションマッピングの展示会や、国際コンペの実施(2012/2013)など、第一線で国内のプロジェクションマッピングの啓発を行っている。

主催・お申込み・お問い合わせ先

東北芸術工科大学大学院仙台スクール
E-mail: sendai@aga.tuad.ac.jp
TEL.: 022-716-6377
お申込みはメールまたはお電話でお願いいたします。メールの場合には件名を「公開講義参加申込」とし、本文に①公開講義の名称、②参加者氏名・所属、③住所、④連絡先(メールアドレス・携帯電話等)をご記入のうえお申込みください。

カテゴリー