絵本作家の荒井良二氏による「東北未来絵本」のWeb版が完成

山形新聞社が企画・制作(協力:東北復興支援機構[TRSO])した絵本『東北未来絵本 あのとき あれから それから それから』がこの度、フリーアナウンサー事務所の「セント・フォース」が企画・制作し、2013年10月6日より「WEB版」が公開されました。

この絵本は、山形新聞社と絵本作家の荒井良二氏が、震災発生から1年を経た2012年3月11日の朝刊に掲載した「震災を子どもたちに語り継ぐ絵 本をつくろう」という呼びかけに応じて、一般の方から新聞社によせられたたくさんの震災体験をもとにつくられました。

WEB版は、「セント・フォース」が『東北未来絵本 あのとき あれから それからそれから』の趣旨に共鳴し制作。じゃばら状の絵本に掲載されている絵や言葉が左にゆっくりスクロールし、時間の流れを感じさせるデザインになっています。また同社に所属するフリーアナウンサーが絵本の読み聞かせを収録し、絵や言葉とともに聴く事が来ます。WEB版「東北未来絵本」詳細は以下のホー ムページをご覧ください。

[WEB版]東北未来絵本 あのとき あれから それから それから

作:みんなと荒井良二
朗読:伊藤綾子、皆藤愛子、小林麻耶、杉崎美香、中田有紀、長野三郷、西尾由
佳理、望月理恵、
山岸舞彩、吉田恵
企画・制作:株式会社セント・フォース
協力:山形新聞社/東北芸術工科大学 東北復興支援機構
ディレクション:宮本武典(東北芸術工科大学)
Webデザイン:後藤ノブ(アカオニデザイン)
挿入曲:佐藤那美「ARAHAMA collings」より「はなたばとあなたと」(映像学科卒業生)
東北未来絵本HP:http://tohokumirai.com/

◎荒井良二(あらい りょうじ)プロフィール
絵本作家。1956年山形県生まれ。『ルフランルフラン』で日本絵本賞、『たいようオルガン』でJBBY賞、『あさになったのでまどをあけます よ』で産経児童出版文化賞・大賞受賞の他、ボ ローニャ国際児童図書展特別賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。2005年日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン 記念文学賞受賞。絵本以外にも多方面で活躍している。

◎お問合せ:東北芸術工科大学 東北復興支援機構TRSO事務局
TEL:023-627-2218

A1-780x10241

カテゴリー