ジャン=リュック・ヴィルムート展「Half Life」

会期:2013年10月8日(火)~11月29日(金)
時間:10:00~17:00
会場:やまがた藝術学舎(山形市松見町17-1)

Half-Life

 

東北復興支援機構(TRSO)では、フランス在住のアーティスト ジャン=リュック・ヴィルムート氏が震災後の宮城県亘理郡山元町の風景やそこに住む人々の姿を記録した映像作品と関連作品展『Half Life』を開催致します。

同氏は2012年4月から約1ヶ月間、本学を拠点に東日本大震災で甚大な被害に見舞われた宮城県亘理郡山元町に赴き、山元町の再生を願い生きる人々の姿を、映像学科を中心とする学生たちと共にドキュメンタリー映像として記録に収めました。

かつて、いちご畑が一面に広がっていた地平線まで続く枯れ地は、同氏の眼差しにどのように映ったのか。作品を通して静かにそして時に声高に観る者に語りかけます。

※本展は「山形国際ドキュメンタリー映画祭2013」の関連企画です。(HP:http://www.yidff.jp/

 

休館日:土曜日、日曜日、祝日(但し10/12、13、14は開館)
入場:無料
主催:東北芸術工科大学
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭/宮城県亘理郡山元町のみなさん
HP:http://blog.tuad.ac.jp/trso/

 

◎関連情報(アーティスト・トーク)
日時:2013年10月8日(火)18:00~19:00
会場:やまがた藝術学舎(山形市松見町17-1)
話し手:ジャン=リュック・ヴィルムート
聞き手:加藤到(映像学科教授)
入場:無料/予約不要

◎ジャン=リュック・ヴィルムート

1952年生まれ。フランス・パリ在住。現代アートの国際舞台で、最も注 目されているアーティストの一人。シドニー・ビエンナーレ、ヴェネツィア・ビエンナーレ、ドクメンタなど、大規模な国際美術展にて作品を発表。日本でも、 スパイラル(東京)での個展や越後妻有アートトリエンナーレへの参加など精力的に活動している。フランスの国立藝術大学にあたるエコール・デ・ボザールの 教授。

ジャン=リュック・ヴィルムート

◎過去の作品

Broken-Sea

Broken Sea/2013/Onomichi Museum,Hiroshima

Extended-Family

Extended Family/2004/Phnom Penh

Dome-with-Sound-of-Plants

Dome with Sound of Plants/2011/Spiral, Walcoal Art Center, Tokyo

 

「自然はいかなるときも偉大である」と、
ある哲学者は述べています。
2011年3月11日のあの震災から1年後、
私は宮城県山元町の人々の協力のもと映画を制作しました。
その体験の後、私の心には数々の疑問が去来しました。
たとえば「今日という1日を私はどう生きようか?」
この質問に対する答えは1つだけとは限らないでしょう。
だからこそ
「正解のない問題があったとしてもよいだろう」という返答も
また大切なのではないでしょうか。

Jean-Luc Vilmouth

カテゴリー