廣瀬俊介/大学院環境デザイン領域准教授

講演/「風景という資本-近自然の視点でランドスケイプデザインを再考する」
日時:2013年10月25日(金) 18:30~20:30
会場:ウィルあいち 会議室5
住所:愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
主催:近自然工法研究会
問合せ先:atsushi-y@yamadagumi.jp (同研究会事務局 山田厚志氏宛)

スイスを発祥とする、木石を主に用いて水理と生態に素直に従った河川土木工法「Naturnaher Wasserbau (近自然工法)」に、わが国では先進的に取り組んできた愛知県の同研究会より求めを受けて、その展開の可能性を相互に探るための講演を行います。なお、同研究会主催による廣瀬講演会は、昨年に引き続いて第2回目となります。

近自然工法研究会ウェブサイト http://kinshizen.sakura.ne.jp/

カテゴリー