版画の断層_1

日時:2013年9月26日(水)〜10月12日(土)10:00〜17:00/最終日12:00迄
閉館日:9月29日(日)、10月6日(日)
会場:東北芸術工科大学 本館7階ギャラリー
入場無料

2012年12月に町田市立国際版画美術館にて開催された全国大学版画展において、約250点の中から選出された町田市立国際版画美術館所蔵 全受賞作品30点と、山形、仙台の4大学の学生作品約20点を合わせた版画展を開催します。昨年度までは「版画の断面」としていたタイトルですが、今年度から「版画の断層」と変更。大学版画展発足時の1976年から各時代の歴代受賞作品の中から抜粋した約10点の併設展時も行ないます。
現代の学生たちが版を通し紙に映し出す感性と、30〜40年前の学生たちが表出した時代の吐息として、およそ60点の作品が会場に相まり、版画の表象としてどのような「断層」を成すのか、期待できる作品展です。
一枚の版画作品も、何枚もの版が層として重なり仕上がります。同時に現代版画という表象がいかなる歴代の感性の蓄積によって成り立っているのか、その一端をご覧ください。

出品作品:
「第37回全国大学版画展」町田市立国際版画美術館所蔵 全受賞作品 30点
「東北版画出品校」東北芸術工科大学、山形大学、宮城教育大学、東北生活文化大学 約20点
「併設展示」歴代大学版画展受賞作品 1976年〜1981年 11点
主催:東北芸術工科大学、版画学会
協力:町田市立国際版画美術館、山形大学、宮城教育大学、東北生活文化大学

 

13091203 13091204

カテゴリー