彫刻の五・七・五 HAIKU – Sculpture 2013 – に本学教職員と大学院生が出品

日時:2013年9月25日(水)〜29日(日)9:30〜17:00/最終日16:00まで
会場:宮城県美術館 県民ギャラリー
入場無料

世界で最小の定型詩俳句に倣い、四季を主題として五音七音五音を五寸(15cm)×七寸(21cm)×五寸(15cm)のサイズに変換し、制約された空間の中で彫刻表現の新たな可能性を探ることを目的とした展示会。5回目となる本展は、国内外の芸術系大学20校から教員・院生が参加し、「かたちで詠む奥の細道」をお題に、先の大震災に見舞われた東北の地に思いを馳せながら、芭蕉ゆかりの東北の四季をイメージした作品200点あまりを展示。

この展示に、美術科彫刻コースの保田井智之教授、前田耕成教授、吉賀伸講師に加え、彫刻コース卒業生の奥村拓郎副手と大学院生5名が出品します。

主催:2013彫刻の五・七・五実行委員会
後援:宮城県教育委員会/仙台市教育委員会

 

13091109

カテゴリー