大学院仙台スクール公開講義『現代の広告戦略』~時代の変化と「キットカット」での成果をふまえて~

日時:2013年10月11日(金)19:30~20:50
会場:東北芸術工科大学大学院仙台スクール
住所:仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
http://www.tuad.ac.jp/sendaischool/access/
参加:無料

‰ª“cæ¶u‰‰‰ïƒ`ƒ‰ƒV3

開講趣旨

チョコレート菓子『キットカット』が、消費者に愛される”ブランド”として再認識されていく過程では、従来とは異なる広告手法が採られ、成功の原動力となりました。
現代社会では、従来型の広告が機能しにくく、時代に即した新たな広告概念や手法が求められています。
この度の公開講義では、「受験生キャンペーン」や、投函できるキットカット「キットメール」の仕組みづくり、「花とアリス」(岩井俊二監督作品)によるメディアミックス型プロモーションなど、『キットカット』をはじめとする数々の商品の広告戦略を主導してきた関橋英作氏(本学企画構想学科教授)より、 “いかにして消費者に愛されるブランドを築き上げていくか”をテーマに、現代に即した、消費者の心を動かす広告戦略のあり方を学びます。

講演者プロフィール
関橋英作 氏|企画構想学科教授

青森県八戸市生まれ。外資系広告代理店JWTでコピーライターから副社長までを歴任。 その間、ハーゲンダッツ・アイスクリーム、英会話スクールNOVA、デビアス・ダイヤモンド、ネスレ・キットカットなど多くのブランドを育て、広告賞も多数受賞。キットカットでは、受験生キャンペーンで、AME賞(アジア・マーケティング・イフェクティブ賞)グランプリを2年連続受賞するなど大成功を収めた。09年のカンヌ国際広告祭では、日本初となるメディア部門グランプリを、投函できるキットカット「キットメール」キャンペーンで受賞。 現在、クリエイティブ・コンサルタント。ブランディングをする会社MUSB(ムスブ)の代表取締役&クリエイティブ戦略家として、主として企業のブランディングを手がける。

主催・お申込み・お問い合わせ先

東北芸術工科大学大学院仙台スクール
E-mail: sendai@aga.tuad.ac.jp
TEL.: 022-716-6377
お申込みはメールまたはお電話でお願いいたします。メールの場合には件名を「公開講義参加申込」とし、本文に①公開講義名、②参加者氏名・所属、③住所、④連絡先(メールアドレス・携帯電話等)をご記入のうえお申込みください。

カテゴリー