第18回文房具アイデアコンテストで準グランプリを受賞しました

プロダクトデザイン学科3年生の倉島拓人さん、二瓶和孝さんが応募した文具のアイデア「disappear note」が、サンスター文具主催の第18回文房具アイデアコンテストの一般部門(応募総数2757点)で準グランプリを受賞しました。

◎コンテスト概要
コンテスト名:第18回文房具アイデアコンテスト
テーマ:たいせつ
対象:文房具
賞:グランプリ(1作品)賞金100万円/優秀賞(5作品)賞金10万円/審査員特別賞(4作品)賞金3万円+副賞
応募資格:文房具に興味をお持ちの一般の方及び業界関係者
主催:サンスター文具

◎出品情報
作品名:disappear note
制作者:倉島拓人/二瓶和孝(プロダクトデザイン学科3年生)
コンセプト:こするとノートの罫線が消える!―フリクションインクを応用したノート―

ノートには罫線の入ったものや、方眼が入った物が一般的になっている。そのためにノートを見直した時に見にくかったり、書いていたとき線に捕われているように感じることもある。一方、無地のノートは規則性が無く、まっすぐ書くことが難しい。ノートにとって大切なことは、紙に思いのままに記録したり、表現できること。補助線もあり、無地にも出来るノートと消しゴムの提案。

カテゴリー