田中可也子さんの映像作品『ひかりつむぎ』が国際短編映画祭に入選しました

大学院ビジュアルコミュニケーションデザイン領域修了生の田中可也子さんが制作した映画『ひかりつむぎ』(8mmフィルム/3分/ステレオ)が、ドイツの「第59回オーバーハウゼン国際短編映画祭」(2013年5月2日〜7日)のInternational Competition(国際コンペティション)に入選しました。

同映画祭は、ドイツのオーバーハウゼンで毎年開催されており、短編映画専門の映画祭としては世界でもっとも古いもののひとつです。本映画祭に参加した著名な映画監督として、ヤン・シュヴァンクマイエル、ガス・ヴァン・サント、ロマン・ポランスキー、ジョナス・メカス、ヴィム・ヴェンダース、マーティン・スコセッシ、ミシェル・ゴンドリー、アキ・カウリスマキなどがいます。
主に5つのコンペティション部門があり、今年は40カ国以上より6,600本以上の応募作品が集まりました。田中さんが入選したInternational Competitionは、同映画祭のなかで最も古く大規模なコンペ部門です。今回は、4,960本の応募作品の中から、29カ国57作品が選出。日本からは4作品が選出されました。
学部時代にテキスタイルを学んだ田中さんの映像作品『ひかりつむぎ』は、8?フィルムを繊維のように一度裁断し、再び繋いで制作することで8mmフィルムの物質的な魅力を引き出しているとして高く評価されています。

◎概要
イベント名:第59回オーバーハウゼン国際短編映画祭
会期:2013年5月2日(木)〜7日(火)
会場:ドイツ・オーバーハウゼン
HP:http://www.kurzfilmtage.de/


田中可也子『ひかりつむぎ』 (映像作品のワンシーン)

 

カテゴリー