『ぼくらのスマイルエンジン』が出版されます

毎週土曜の朝6:00。東日本大震災の被災地に走り続けた2年間の全記録

2011年3月11日に発生した東日本大震災直後から活動を開始し、震災で津波の被害にあった宮城県沿岸部を中心に、被災地支援を行ってきた「スマイルエンジン山形」の活動記録本『ぼくらのスマイルエンジン』が、山形大学出版局より2013年3月11日に発行されます。
「スマイルエンジン山形」は、東日本大震災直後に「自分たちに何かできることはないか?」と集まった本学と山形大学在学生、卒業生が中心となって運営し、学生や市民を含む述べ1880名を被災地へ運んだボランティアバスです。
本著は、2011年5月から2013年1月までの約2年間の活動記録で、執筆・イラスト・デザイン・編集の全てを「スマイルエンジン山形」の学生スタッフが担当しました。
ページをめくるとこれまでの現地での活動を、時系列に分かりやすく解説・掲載され、瓦礫のなかで悩み・揺れ続けた東北の学生たちの心模様が垣間見えます。ぜひご覧下さい。

◎書籍概要
書籍名:ぼくらのスマイルエンジン 東日本大震災ボランティアバスの記録
発行所:山形大学出版会
価格:500円(税込)
体裁:A5サイズ
頁数:128ページ
販売:山形県内の書店などで販売

カテゴリー