『こども芸術の家 Home of Art for Kids』を3月11日に出版

震災後の子どもの未来を考える「芸術プログラム」の作り方を社会に提示


写真:左から「あそびのえんにち」(2011)/「荒井良二とふらっぐしっぷ」(2011)/「福しまピクニック5」(2012)

東北芸術工科大学 東北復興支援機構(以下、TRSO)では、2011年3月11日の東日本大震災後、被災した子どもたちを支援する活動として本学と京都造形芸術大学が共 同プロジェクトを立ち上げ、子どもたちの芸術する心を育む「こども芸術の家プロジェクト」として活動を展開しています。この度、立ち上げからの2年間の活動をまとめたハンドブック『こども芸術の家 Home of Art for Kids』を2013年3月11日に出版致します。
本著では、これまで実施した4つのケース「荒井良二とふらっぐしっぷ+東北未来絵本」「あそびのえんにち」「キッズ・アー ト・キャンプ山形」「福しまピクニック+福しま図案室」を紹介。これらのプログラムが、どのようなニーズから「場」が生まれ、プログラムの作 り手や参加者にどんな気づきがあったのかを解説しています。また、それぞれのプログラムの組み立て方を検証し、地域や社会に 対してのアートとデザインの可能性を探り、子どもと、子どもが体現している未来を見据えたプログラムのつくり方とヒントを提示します。

これからの復興支援のきっかけを探している方、芸術を手法とした プログラムの作成と運営方法を学びたい方、またそうしたプログラムへの参加を考えている方などの参考書となる一冊です。(本著は非売品で本学学生や京都造形芸術大学の学生などに無料配布する予定です。一般の方で本著にご興味のある方は以下、TRSOまでお問合せ下さい。)

◎書籍概要
書籍名:
こども芸術の家 Home of Art for Kids
震災後の<こども=未来>を考える プロジェクト・メイキング・プロセス

編集:紫牟田伸子(客員教授/編集家・プロジェクトエディター)
著者:荒井良二(絵本作家)
澤口俊輔(グラフィックデザイン学科准教授)
馬場正尊(建築・環境デザイン学科准教授)
原高史(グラフィックデザイン学科准教授)
宮島達男(副学長)
宮本武典(美術館大学センター准教授)
山崎亮(京都造形芸術大学空間演出デザイン学科教授)

装幀:小板橋基希(本学卒業生/アカオニデザイン)
発行:東北芸術工科大学、京都造形芸術大学
印刷:田宮印刷株式会社
発行日:2013年3月11日
発行部数:2000部(非売品)
サイズ:B6版
頁数:132ページ(表紙4ページ、カラー16ページ、モノクロ112ページ)

◎目次
4 年表:「こども芸術の家」関連の復興支援
6 はじめに:この本について
9 鼎談:こども芸術の家が目指すこと
20 ホームのつくり方 4+1のケーススタディ
22  case0 福興会議
48 case1 荒井良二とふらっぐしっぷ+東北未来絵本
67 case2 あそびのえんにち
78 case3 キッズ・アート・キャンプ山形2011+2012
100 case4 福しまピクニック+福しま図案室
117 鼎談:こども芸術の家が目指すこと<続>
122 本書にご協力いただいた方々
124 おわりに

◎TRSO東北復興支援機構
震災直後に設立し、「こども芸術の家」の主な活動となっている福島県南相馬市の子どもとその家族を対象とした 「キッズ・アート・キャンプ」や、福島より山形に自主避難をされている母子を対象とした「福しまピクニック」「福しま図案室」などを実施。また教 職員と学生有志からなる復興支援のコミュニティ「福興会議」や、本学と山形大学の学生が中心メンバーとなって被災地ボランティアを行う団体「スマ イルエンジン山形」の活動もサポートしています。

◎お問合せ:東北芸術工科大学 東北復興支援機構TRSO事務局
TEL:023-627-2218

カテゴリー