「あきた十字映画祭」に卒業制作の映像作品を出品します

映像学科では、本学学長であり映画監督でもある根岸吉太郎教授ほか、現役の映画監督や脚本家の教授が多数教鞭を執っています。国内外で高い評価を得、映像作家としてすでに活躍している学生も在籍しています。
この度、同学科より2013年2月9日〜11日に秋田県横手市で開催される「あきた十字映画祭」に、映像学科の卒業制作作品2作品を出品します。出品する映像作品は「青し時雨」「南相馬市原町区 ぼくの町の住人」の2作品です。
ぜひこの機会にご覧ください。

◎本学からの出品概要
映画祭名:「あきた十文字映画祭」
映画祭開催期間:2013年2月9日(土)〜11日(月・祝)
本学作品:2013年2月11日(月・祝)10:00〜(開場9:30) ※2作品続けて上映
会場:横手市十文字文化センター ホール
住所:秋田県横手市十文字町字西上西上38-1

◎出品作品
作品名: 青し時雨
監督・脚本・編集:飯塚花笑
出演:松永拓野、富永裕輔、田中健司、龍見良葉、中根育美
制作年:2013年
上映時間:92分
作品紹介:アーティストの卵達、5人が暮らす「赤い子馬荘」。そのシェアハウスが、1年後に取り壊しになることが決まり・・

作品名:南相馬市原町区 ぼくの町の住人
監督・脚本・編集:岡達也
出演:青葉幼稚園のみなさま、大山弘一、永井邦弘、永井節子、丹野ルリ子
制作年:2013年
上映時間:68分
作品紹介:福島県南相馬市。この町の幼稚園、市議会議員、老夫婦を通して、見えない放射能と、南相馬の今を見つめるドキュメンタリー。

◎お問合せ
事務局:あきた十文字映画祭実行委員会
住所:横手市十文字町海道下7 十文字生涯学習センター内
TEL:0182-42-2067(受付:2月11日まで/平日9:00〜17:00)

◎あきた十文字映画祭
HP:http://www.akita-jcf.net/


ENGLISHKOREAN