悠創の丘で連続ワークショップ「そらと丘の工作室」

悠創の丘で5回連続ワークショップ「そらと丘の工作室」を開催
美しい自然の中で子どもたちがアートと自然の感性を育みます

東北芸術工科大学 共創デザイン室(山形市松見町17-1)では、やまがたスポーツパーク(天童市山王)が管理する公園「悠創の丘」の「自然と人が共感し、創造する丘」をコンセプトとした活動促進企画の依頼を受け、「自然」と「芸術文化」を通じて子どもたちの感性に働きかけるワークショップ「そらと丘の工作室」を企画し、11月23日より実施いたします。

「悠創の丘共催自主事業」として、過去2年間はこども芸術大学がこの事業に関わって参りました。2012年度は更に多くの子どもたちに悠創の丘の美しい自然を楽しんでいただけるよう、山形県や宮城県を中心に社会と芸術を繋ぐワークショップを数多く手掛ける花澤洋太 総合美術コース准教授と同コース3年生が、5回のワークショップを開催します。山形ならではの景色の中で晩秋から冬にかけての美しい景色を楽しめる絶好の機会です。

定員:各回20名(すべての回が定員に達しました。お申込みありがとうございました。)

 

カテゴリー