吉田正高/教養教育センター准教授

吉田正高/教養教育センター准教授
主催/学会「コンテンツと記憶」

吉田正高教養教育センター准教授が会長をつとめるコンテンツ文化史学会の2012年度大会「コンテンツと記憶」が明治大学で開催されます。本学会ではこれまで、コンテンツ創作者創作者や創作の場に関する研究の成果について報告を行うとともに、消費者や評価者の歴史や文化についても報告されてきました。第4回目となる本大会は、これらの成果を踏まえ、コンテンツ自体が持つ「記憶・記録」を取り上げます。詳細スケジュールは以下のホームページをご参照ください。

◎大会概要
大会テーマ:コンテンツと記憶
開催日:2012年12月15日(土)・16日(日)
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー
   12月15日(土)1126室(12F)
   12月16日(日)1073室(7F)
関連ページ:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
参加費:非会員・両日3000円/非会員・1日のみ2000円/会員1000円(両日・1日のみともに)/学生(非会員1000円、会員500円、ともに両日参加可能)

◎参加申込フォーム
HP:http://www.contentshistory.org/event_entry/

◎学会ホームページ
HP:http://www.contentshistory.org/category/events/

カテゴリー