田中勝さんが日本平和学会「2012年度秋季研究集会」で発表します

田中勝さんが日本平和学会「2012年度秋季研究集会」で発表します


「芸術」「平和」をテーマに現代美術・映像作家として活動を展開する大学院こども芸術教育研究領域生の田中勝さんが、日本平和学会が主催する「2012年度秋季研究集会」で、分科会「平和と芸術」で研究報告します。

◎学会概要
学会名:日本平和学会「2012年度秋季研究集会」
日程:2012年11月23日(金)9:30〜11:30
会場:三重県総合文化センター(三重県津市一身田上津部田1234)
分科会:「平和と芸術」
報告者:田中勝(現代美術・映像作家/NPO法人ART Peace副理事長/東北芸術工科大学・大学院修士課程)「『芸術平和学』の構築のための一考察 ―造形芸術が果たす平和への役割―」 /藤田明史(大学非常勤講師)「『芸術平和学』の可能性−平和学の立場からの考察」
応答:奥本京子(大阪女学院大学)
司会:福島在行(平和博物館研究者)

非会員の方の研究集会の聴講も可能です。詳しくは下記のサイトにて。また、報告者のレジュメも下記のサイトから開けます。
関連ページ:http://www.psaj.org/modules/news/article.php?storyid=38

◎作家情報
NPO法人〈特定非営利活動法人〉ART Peace
HP:http://www11.ocn.ne.jp/~artpeace/

カテゴリー