東北画 meets 遠藤ミチロウ トーク&音楽ライブ!

東北画 meets 遠藤ミチロウ トーク&音楽ライブ開催!


チュートリアル「東北画は可能か?」は、現在、「会津・漆の芸術祭2012」に、「妖怪」をテーマとした共同制作作品を出品しています。この度、そのテーマをさらに掘り下げるトークと音楽ライブを開催。昔話の語り、朗読、共同制作についてのトークと、スペシャルゲストとして山形にもゆかりのある福島県出身のシンガー・遠藤ミチロウ氏を招いての音楽ライブを、伝統的な建物と、絵画に囲まれた空間でお楽しみください。

◎イベント概要
イベント名:昔語り+朗読+ライブ「もののけ語り」&「東北画 meets 遠藤ミチロウ」
会期:2012年11月18日(日)13:30〜16:00
会場:喜多方 蔵の里(旧外島家住宅)
住所:福島県喜多方市字押切2丁目109(TEL:0241-22-6592)
参加費:無料(入館料一般400円、小・中・高生200円に含まれます)
主催:会津・漆の芸術祭2012&東北芸術工科大学チュートリアル「東北画は可能か?」・「朗読ジャム」
企画:サイトウケイスケ(美術科 総合美術コース副手)
協力:VJ ORI(喜多方)
関連ページ:http://www.youtube.com/watch?v=qat_DUpXi24

第一部
「朗読ジャム feat.松崎江莉(洋画コース4年)」(東北芸術工科大学チュートリアル『朗読ジャム』 )
「昔語り」(喜多方中央公民館 昔話伝承館会員の皆さん)
「東北画は可能か?」トーク(学生有志 + 鴻崎正武:東北芸術工科大学 美術科洋画コース准教授)
第二部
「遠藤ミチロウ スペシャルライブ」◎昨年の喜多方クロージングライブの映像

◎遠藤ミチロウプロフィール
1950年福島県生まれ。高校時代にドアーズ、ジャックスなどに影響を受ける。大学卒業後、東南アジアを放浪。1980年、パンクバンド「THE STALIN」を結成。1981年、インディーズでの1stアルバム「trash」が即完売。過激なパフォーマンス、型にはまらない表現が話題を呼び、1982年、石井總互監督「爆裂都市」に出演。同年、「STOP JAP」でメジャーデビュー。1985年、THE STALIN解散後、ビデオスターリン、パラノイアスター、STALINの活動を経て、1993年からはアコースティック・ソロ活動を開始。「アンプラグドパンク」スタイルで数々のアルバムを発表し高い評価を受ける。その評価はミュージックシーンだけでなく、文芸・演劇・映像シーンからも熱い支持を得て、次代の若者にも影響を与える。21世紀に入り多彩なライブ活動を転回し、さらに詩集(CD付)、写真集(CD付)、エッセイ集(DVD付)などの出版ラッシュ。また、中村達也(Drums/ex.BLANKEY JET CITY)とのユニット「TOUCH-ME」、石塚俊明(Drums/頭脳警察)と坂本弘道(Cello,MusicalSaw/パスカルズ)とのトリオ「NOTALIN’S」。クハラカズユキ(Drums/The Birthday)と山本久土(AG,Cho/MOST,久土’N’茶谷)のトリオ「M.J.Q」としても現在活動中。

◎お問合せ
TEL:023-627-2024(総合美術コース準備室:齊藤)


ポスターデザイン:菅原広夢(総合美術コース3年)

カテゴリー