デザセン2012決勝大会

第19回全国高校デザイン選手権大会[決勝大会]を10月28日に開催
各界のプロを審査員に招き、社会を刺激する高校生12チームによる提案を発表します

東北芸術工科大学では、今年で19回目を迎える「全国高等学校デザイン選手権大会」決勝大会(通称:デザセン)を、10月28日に開催します。本大会は、全国の高校生が社会や日常の暮らしの中から問題や課題を見つけ、その解決方法を提案し、来場者の共感を得るように発表することで、問題発見力や分析力、企画力などのデザイン力を競うものです。決勝大会当日は、様々な分野で活躍するクリエイターやアーティスト、建築家などからなる審査委員と一般来場者を前に、二次審査(9月6日)を通過した高校生12チームが映像や模型などを用いてプレゼンテーションし、優勝(文部科学大臣賞)以下、各賞を決定します。

審査委員には、小山薫堂 企画構想学科教授(放送作家/審査委員長)、「ニコニコ動画」の運営に携わる川上量生 氏(株式会社ドワンゴ代表取締役会長)、2005年米BusinessWeek誌”Stars of Asia”25人に選定、2007年米インダストリアルデザイナー協会”IDSASpecial Award”を受賞した鄭國鉉 氏(サムスン電子デザイン経営センター常任顧問)などが審査員として来場。質疑応答の時間での、高校生と審査員との掛け合いも見どころのひとつです。また当日はその様子を「ニコニコ生放送」と「USTREAM」でインターネット放送します。
【ニコニコ生放送】HP:http://www.tuad.ac.jp/hidechamp/final2012/nico/
【USTREAM】HP:http://www.tuad.ac.jp/hidechamp/final2012/ust/
※10月28は上記のインターネット放送で大会当日の様子を見ることができます。

2010年度の大会で3位に入賞した北海道札幌平岸高等学校による『ネガポ辞典』はスマートフォンのアプリとして開発されたほか、全国ネットのTV番組でも紹介され、書籍としても出版(出版:主婦の友社/160頁/価格1,050円/初版10,000部/発行9月29日)。優れた提案は実現に向けた展開の可能性があることも、近年の本大会の特長になっています。既存の社会に対しユニークなアイデアや視点を持つ高校生の発表をぜひご覧ください。(一般聴講可/入場無料)
決勝大会出場高校(12校12チーム)詳細は以下をご覧ください。
大会公式ホームページ:http://www.tuad.ac.jp/hidechamp/

◎大会概要
大会名:デザセン2012 第19回全国高等学校デザイン選手権大会〈決勝大会〉
日時:2012年10月28日(日)12:30開会(12:00開場)〜17:00(終了予定)
会場:東北芸術工科大学 本館201講義室(山形市上桜田3-4-5)
入場無料/申込不要/一般聴講可

◎プログラム(12:00開場〜17:00終了)
12:30 開会式 
13:00 発表開始(6チーム目の発表が終了後10分間の休憩)
15:50 全チームの発表が終了
16:00 審査(審査員は別室へ移動/会場は休憩)
16:30 審査結果発表。表彰式、閉会式

◎お問合せ
東北芸術工科大学 デザイン選手権大会事務局  
TEL:023-627-2139
E-mail: design@aga.tuad.ac.jp

カテゴリー