佐藤恒平さんが「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」で総合グランプリを受賞

佐藤恒平さんが「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」で
総合グランプリを受賞


大学院文化財情報科学領域修了生で山形県朝日町情報交流推進員の佐藤恒平さんが、NPO法人ETICが主催する「地域仕事づくりチャレンジ大賞2012」に東北ブロック代表として出場し、みごとグランプリを受賞しました。
「着ぐるみを使って引き出す地域と人のチカラ『山形県朝日町・桃色ウサヒプロジェクト』」は佐藤さんが大学院の修了制作として朝日町の協力を得て企画したプロジェクトで、山形県朝日町情報交流推進員となってからも地域の魅力を県内外に発信するものとして成長。この度の受賞に至りました。
大会審査員からは、数々あるキャラクターの中でも「地域の巻き込み力」「地域で暮らす若者の文化を応援し地域活性化が生まれている」「目に見えない人の心を吸い上げている」点において高い評価を得ました。
尚、本プロジェクトの企画のひとつ『WEB漫画企画』は、企画構想学科(松村茂ゼミ)学生により企画・運営されています。朝日町の情報は以下をご覧ください。
HP:http://www.town.asahi.yamagata.jp/


◎大会概要
大会名:地域仕事づくりチャレンジ大賞2012
受賞:総合グランプリ
受賞プロジェクト:「着ぐるみを使って引き出す 地域と人のチカラ『山形県朝日町・桃色ウサヒプロジェクト』」
日時:2012年9月9日(日)
会場:國學院大學
主催:NPO法人ETIC(http://www.etic.or.jp/
HP http://challenge-community.jp/award2012/

カテゴリー