松村泰三/映像学科准教授

松村泰三/映像学科准教授
講師/ワークショップ「光の箱を作ろう!」


松村泰三映像学科准教授が、音楽フェス「ぼくらの文楽」でワークショップを開催します。また大学院ビジュアルコミュニケーションデザイン領域1年生の舩山寛子さんもワークショップ「赤青アニメであそぼう!」を開催します。ぜひご参加ください。
(ワークショップ詳細は以下の「ぼくらの文楽」ホームページをご覧ください。)
ぼくらの文楽HP:http://www.bokuranobungaku.jp/


◎ワークショップ「光の箱を作ろう!」
日時:2012年9月22日(土)12:00〜13:00/15:00〜16:00
会場:古代の丘縄文村(長井市)
定員:各回20名ずつ
参加費:1000円
内容:光にかざすと様々に模様が変化する不思議な箱をつくります。天気がよければ、集めて太陽光やライトでキラキラのゆらゆらを楽しみます。
講師:松村泰三(まつむらたいぞう)
1987年第18回現代日本美術展大賞受賞、2003年ロレアル色の科学と芸術展金賞受賞。また、1992年にはセビリア万博日本館に招待出品されるなど、受賞、展覧会など多数。「視ること/認識すること」をテーマとして作品展示やインターネット上での発表、ワークショップなど幅広い活動をつづけている。光の箱のワークショップは、1996年からハラミュージアムアーク、いわき市美術館、水戸芸術館、青森県立美術館(写真)など各地で行っている。
HP:http://plaza.harmonix.ne.jp/~taizo/


◎ワークショップ「赤青アニメであそぼう!」
日時:2012年9月23日(日)
会場:古代の丘縄文村(長井市)
講師:舩山寛子(大学院ビジュアルコミュニケーションデザイン領域1年)

カテゴリー