ビブリオバトル首都決戦2012 地区予選会 in 東北芸術工科大学

ビブリオバトル首都決戦2012 地区予選会 in 東北芸術工科大学


知的書評合戦「ビブリオバトル」は、「本を通じて人を知り、人を通じて本と出会う」「書評を聞くことで、読書へのきっかけをつかむ」「学生自身が書評をすることでプレゼンテーション・自己表現のスキルを磨く」ことを目的として、本学図書館主催で2012年に2回実施。2回目の開催時には1回目の倍以上の参加者(オーディエンス)が集まり、確実な盛り上がりを見せました。
今回は、10月に開催される『ビブリオバトル首都決戦2012』の「地区予選会 第3回目」として開催します。この予選会でチャンプとなった方は、10月6日(土)に行われる「地区決戦大会」を経て、「ビブリオバトル首都決戦2012」に進出することになります。
学生に限らず、多くの皆様の参加をお待ちしております。

◎『ビブリオバトル首都決戦2012』地区予選会 第3回目
開催日時:2012年9月26日(水)14:30〜16:00
会場:東北芸術工科大学図書館
共催:東北芸術工科大学図書館/大学コンソーシアムやまがた

◎実施内容
ビブリオバトル予選会は60〜90分を予定。参加頂いた皆さんの投票によりチャンプを決定しますので、最後までご観戦願います。

◎参加対象者
1、『ビブリオバトル首都決戦2012』の規定により、バトラー(発表者)として参加される方は大学生と大学院生、高専の大学相当学年生に限定します。
2、オーディエンスとしての参加は資格不問です。高校生の参加も大歓迎です。

◎参加のお申し込み:
2012年9月16日(土)までに以下までメール または 電話でお申し込みください。
E-mail:library@tuad.ac.jp
1)氏名
2)紹介したい本(テーマは自由。コミックでないこと。当日、本を持参してください)
3)所属大学・大学院、高専名と学年
4)連絡先電話番号とメールアドレス
※大会規定の「(個人情報取り扱いについての)同意書」に署名していただきます。

◎参加者数
発表者4名から6名、参加者(全体)10名以上

◎公式ルール(「地区予選会」のため、規定により公式ルールを採用)
・発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
・順番に一人5分間で本を紹介する。
・それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分行う。
・全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

◎ビブリオバトルとは
「ビブリオ」は書物などを意味するラテン語由来の言葉で、「ビブリオバトル」とは、立命館大学情報理工学部の谷口忠大准教授が考案した、ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの「書評合戦」です。ビブリオバトラー(発表者)たちが、おすすめ本を持ち合い、1人5分の持ち時間で書評した後、バトラーと観客が一番読みたくなった本、「チャンプ本」を決定します。首都決戦は、年に一度のビブリオバトルを楽しむ大学生・大学院生の祭典です。全国で開催された予選会を通過したビブリオバトラーたちが集結します。

◎「ビブリオバトル首都決戦2012」山形・新潟地区決戦 開催概要
開催日:2012年10月6日(土) 13:30〜15:00
会場:ゆうキャンパスステーション(山形市香澄町1−3−15)
主催:東北芸術工科大学図書館と大学コンソーシアムやまがたの共催

◎ファイナル!首都決戦2012 開催概要
開催日:2012年10月21日(日)
会場:ベルサール秋葉原1F・B1F
主催:東京都/財団法人文字・活字文化推進機構
協力:ビブリオバトル普及委員会/読売新聞社
HP:http://www.bibliobattle.jp/

◎お問合せ(東北芸術工科大学図書館)
TEL:023-627-2044

カテゴリー