コンテンツイベントによる東北地方の地域活性化 齋藤祥歩

 東日本大震災の被災地である、宮城県を舞台に、コンテンツイベントを企画・開催し、宮城県にコンテンツ産業を根付かせ、一次産業中心の産業構造からの脱却および新規産業の発生・育成を促す。イベント対象地域は、仙台市、松島町、石巻市の3地域とし、1つの大枠(プロジェクト)の中で各地域に催し物を配し、それぞれのニーズにあったイベントを開催する。私は石巻地域のイベントを担当し、プロデューサーとして受け持つ。注意として、このイベントは震災からの復興という意味合いが非常に強いため、私個人の研究スケジュールに合わせることができない。そこで、参考事例として複数のイベントの運営補助および主催としてイベント運営に取組み、主軸イベントの企画・運営へと活かすこととする。

第一章 「本研究と東北地方」
 ここでは4つの節に別れ、それぞれ「はじめに」「研究概要」「東日本大震災と研究対象 石巻市」「本研究の必要性と意義」を論じている。「はじめに」では、私が入学当初から持ち続けていた目標がイベントプロデュースという手法によって達成されるのではないか、ということを主に論じている。「世界的に評価を受けるクリエイターを輩出する」ためには、クリエイターの成長を補助し注目を集めるための効果的なイベントを催すことこそ最善の方法である、というものである。「研究概要」では、本研究の主軸となる課題である「ヒーロータウンプロジェクト」という長期プロジェクトと「宮城国際ヒーローサミット」というイベントの概要、そして本研究の成果提出方法の提示をしている。前述であるが、私個人のスケジュールを優先することができない旨も説明している。「東日本大震災と研究対象 石巻市」では、石巻市が以前から取り組んでいた「マンガによる町おこし」についてと、石巻市の被害状況、そして、コンテンツによる町おこしには地域住民の理解と積極的な関わりが必要であり、その素養が石巻市には存在する、ということを論じている。「本研究の必要性と意義」という節は、イベントという手法の有用性、風化してゆくコンテンツの人気に対する対応方法の提示、新規顧客の獲得等について論じている。(画像1)

第二章 「イベント開催に向けて」
 ここでは2との節に別れ、「イベント企画」と「イベントの実務経験」を論じている。「イベント企画」の部分では、本研究の主軸イベントである「宮城国際ヒーローサミット」と、それを含む「ヒーロータウンプロジェクト」の説明を行っている。イベントを年間行事化するためには長期的にサポートする体制が必要であり、その体制を長期プロジェクトとして提案すること、そして、イベント内容について、教育、復興に対する協議、業界への感謝と評価、という分野に分かれた企画を提案している、ということを論じている。また、それぞれの対象地域の問題点、イベント実行へ向けたチーム作り、経過報告も行っている。「イベントの実務経験」の節では、「山梨文学シネマアワード」(画像2、3)「福島Game Jam」(画像4)「Global Game Jam 仙台サテライト」(画像5、6)の3件のイベント補助・主催経験をもとに、それぞれのイベントの経験を通して、企画の組み立て方や必要な要素、新しい組み合わせによる新しい結果などを提示している。「山梨文学シネマアワード」については、イベントを企画する段階で、複数の要素を結びつけ、その地域への観光へと還元することを目論むことで、観光コンテンツとして地域へ貢献することができるという部分を評価している。「福島Game Jam」については、原子力発電所の事故により一次産業に甚大な被害があった福島県を、ゲームという風評被害のないコンテンツによって、新しい産業スキームを提供するという部分を評価している。「Global Game Jam」については、ゲーム(というよりはソフトか)産業の弱い仙台で、全世界同時に開催されるイベントの1会場として参加し、仙台でのソフト産業活性化を促す。このイベントに関しては私が主催(オーガナイザー)となり、日本中の各会場との連携、仙台会場のアピール、会場運営を引き受け、実行した。

第三章 「総括」
 ここでは、上記までの過程を経て、私個人の実感した部分を論じている。その実感として最もポイントとなると感じた部分は「イベントを通したコミュニケーション」であり、しかも、多様なコミュニケーション手段のある現代においても、やはり生のコミュニケーションには絶大な効果がある、としている。そこで、イベントの内部にコミュニケーションを発生させる部分をしっかりと盛り込むことで、そのイベントの価値向上と地域活性化へと結びつけ、研究の主軸イベントへとつなげてゆく、ということを論じている。


左から:1.石巻市の津波被害/2.山梨文学シネマワールド/3.山梨文学シネマワールド/4.福島Game Jam


左から:5.Global Game Jam 仙台サテライト/6.Global Game Jam 仙台サテライト

カテゴリー