GLOBAL WORKと東北芸術工科大学が産学共同プロジェクトで被災地復興支援

GLOBAL WORKと東北芸術工科大学が
産学共同プロジェクトで音の出るTシャツ「音T」を通じた
被災地復興支援を開始




東北芸術工科大学では、株式会社ポイント(東京都中央区八重洲/代表取締役会長兼社長 福田三千男)が展開するファッションブランド「GLOBAL WORK」と産学協同のチャリティプロジェクトを実施しています。
このプロジェクトでは、企画構想学科 田中範男ゼミの学生が企画プロデュースを行い、グラフィックデザイン学科 坂東慶一ゼミの学生がデザインを担当。東北出身の作家、宮沢賢治氏作品の名場面をモチーフとした、音T”着る絵本”を制作しました。TシャツはGLOBAL WORKの東北6県の店舗や、大手ファッション ショッピングサイト「ZOZOTOWN」などで7月27日から販売されており、販売収益の一部や宮沢賢治氏の本を被災地に寄付し、震災復興に協力します。


■音風景プロジェクト
特設サイトHP:http://www.oto-fukei.jp/

■活動の経緯
東日本大震災から1年以上経った今、東北は復興へと少しずつ歩みだしています。大きな悲しみや苦悩を乗り越え、前向きに生きている被災地の皆さんの姿を、私たちは東北出身の作家・宮沢賢治氏と重ね合わせました。宮沢賢治氏自身も多くの自然災害を経験し、困難に負けず立ち上がる姿を描いています。そんな彼の作品を、Tシャツのモチーフにする事で、東北の人々が、より力強く未来へと歩んでいく手助けをしたいと考えました。Tシャツの販売収益の一部を、被災地支援団体へ寄付し、さらに被災地の小学校に宮沢賢治氏の本を届けます。

■音T「着る絵本」概要
宮沢賢治氏の各作品をイメージし、デザインしたTシャツです。Tシャツのタグについている二次元バーコードを読み取ると、作品から抜粋した「朗読」を聴く事ができ、耳でも楽しめます。

■販売概要
東北出身の作家、宮沢賢治氏の6作品の名場面から、デザインモチーフを選定し、学生が個性豊かにグラフィックをデザイン。6つのグラフィックと朗読の組み合わせで、バリエーション展開します。
価格:1,995円(税込)
種類:全6種類
サイズ:S/M/L
発売日:2012年7月27日(金)よりj開始

■販路
GLOBAL WORK 東北6県店舗 HP:http://www.globalwork.jp/shoplist.php
GLOBAL WORK WEB STORE HP:http://www.point.jp/globalwork/
ZOZOTOWN HP:http://zozo.jp/_search/search_result.html?p_sid=522&p_type=2
東北芸術工科大学内売店 彩画堂(山形市上桜田3-4-5/TEL:023-634-0033)

カテゴリー