6人の陶芸作品展示会「つちしるべ」展

6人の陶芸作品展示会「つちしるべ」展を開催




美術科工芸コースでは、陶芸専攻の4年生6名が、山形まなび館で授業の課題を披露する展示会「つちしるべ」を開催いたします。
縄文文化が根付く東北地方には、1万年以上にも渡る焼き物の歴史があります。その地―山形で工芸コースの学生たちが自然に囲まれながら土と向かい、陶芸を通じて自身の表現を見出し発展させることを目指してきました。本展のタイトル<つちしるべ>には、学生自身の「未来への道しるべ」となるように願いを込めています。ぜひこの機会に多くの皆様にご高覧いただき、6人それぞれが土と向かい合った陶芸作品をお楽しみいただけますと幸いです。ぜひご来場ください。

◎「つちしるべ」展示概要
日時:2012年年8月1日(水)〜6日(月)
時間:10:00 〜18:00 ※5、6日は花笠まつり期間の為21:00まで開館
会場:山形まなび館(山形市本町1-5-19/TEL:023-623-2285)
駐車場:まなび館専用駐車場有
展示作品:白磁に釉薬で絵付けした器、天目茶碗、カフェオレボウル、造形オブジェ、野焼き風土器など
学生広報代表:工芸コース4年生 氏家昂大

◎お問合せ・取材のお申込み 広報室 
TEL:023-627-2246
※最終日8月3日(金)は作品講評会のため取材はお控えいただきますようお願い申し上げます。

カテゴリー